三鷹の杜ザ・ハウス【木もれびの杜×モアトリエ】2階73㎡5,525万円(坪単価252万円)

続けて、三鷹の杜ザ・ハウス(井の頭公園の森継承プロジェクト)。

設計は宮田建築事務所、施工は大末建設です。

総戸数102戸というスケールなので共用部は杜のライブラリーと称された「木もれびの杜」に面した空間ぐらいなのですが、その木もれびの杜に面した位置にエントランスが施されており、ガラス貼のエントランスアプローチから望む緑豊かな空間は非常に心地よいものとなることでしょう。

エントランスは風合いのある石調タイルや軒裏の木目調パネルに彩られたセンスあるデザインで、いい意味での落ち着きがあるのでかなり好感が持てます。

プラウドシティ吉祥寺というエリア内随一のスケールある物件と競合するがゆえに「何かしら差別化をしよう」という意識があったのは間違いなく、この物件のコンセプトに惚れた方はプラウドに感謝すべきかもしれません(笑)。

低層建の物件ということで木もれびの杜以外は特段豊かな空間はありませんが、大通り沿いでないながらも三方で接道した物件ということで落ち着きある環境ながら敷地周囲の開放感が高いというのも地味に魅力を感じる点ですね。

前回の三鷹の杜ザ・ハウス

公式ホームページ
IMG_4453[1]
お部屋は73㎡の3LDK+モアトリエ、東向き中住戸です。やはり2階ですので視界抜けは得られませんが、東側道路の向かいは第一種低層住戸専用地域の戸建街になりますので、南東方向から日照を得ることが出来ますし、将来的な不安もありません。

間取りとしては、田の字ベースのプランにはなりますが、そのモアトリエがアクセントになっていますし、共用廊下側の柱までアウトフレーム化されている点も素晴らしいですね。

スパンは今一つですが、スパン目一杯に連窓サッシが採用されているので開口部も充実していますし、抑えるべき点を抑えた好感の持てるプランです。

専有面積に占める居室畳数割合は75.1%((12.7畳+3.3畳+6.0畳+5.0畳+4.5畳+2.1畳)×1.62㎡【※】÷72.50㎡)と中住戸としても非常に高い水準で(一般的な中住戸田の字プランは72%台中盤程度)、この水準を達成しながらも収納もしっかりと確保出来ているのが凄いですね。
(【※】マンションの間取り図で一般的に用いられている1畳=1.62㎡)

LDの入口付近のデッドスペースは少々大きな感じにはなりますが、かなり効率的なプランと言えます。

坪単価は252万円。南向きではなく日照時間が短いことが考慮された水準ですね。視界抜けも出てくる上層階は坪単価270万円超の水準ですし、ポジションなりのお値段になっていると思います。

設備仕様面は、ディスポーザーがしっかりとついていますし、食洗機、トイレ手洗いカウンター、フィオレストーンのキッチン天板、と単価的に違和感のないものになっています。

管理費は190円/㎡。外廊下ですが、ディスポーザー付で200円/㎡未満に出来ているのはスケールメリットを活かせているからに外ならず、豊かな植栽の管理コストなども考えるとこの水準は悪くないでしょう。

駐車場は全39台で機械式中心になります。

0 Comments



Post a comment