リビオレゾン新橋nex【南條設計室に続きフレグライン】3階24㎡3,520万円(坪単価494万円)

続けて、リビオレゾン新橋nex。

設計・施工は新日本建設で、デザイン監修にはフレグラインが起用されています。

リビオレゾン上野リビオレゾン西日暮里にはモリモトの数々の物件で手腕を振るってきた南條設計室が起用されていましたが、こちらフレグラインもここ2~3年数々のモリモトピアースシリーズに携わってきたデザイナーであり、実績豊富な力のあるデザイナーを採用する方針のようですね。

ピアースで幾度となくコメントしているようにフレグラインのデザインは、センスが良いのはもちろんのこと、個性豊かで都会的なものが多いので、この物件の立地にはピッタリだと思います。

小規模なコンパクトレジデンスなので高級感はそこまでではないですが、モノトーン調で縦のラインを強調したスマートな外観はこの地に相応しいスタイリッシュなものですし内廊下設計が採用されている点も1つの特徴になるでしょうか。

前回のリビオレゾン新橋nex

公式ホームページ
IMG_4577[1]
お部屋は24㎡の1R、北向き中住戸です。北側は細い道路に接道してはいますが、低層階は当然視界抜けは得られず、方角的に日照も期待出来ません。

間取りとしては、近年では珍しい「25㎡未満」のワンルームプランになります。23区の多くではワンルームマンション条例により25㎡未満のお部屋を規制している状況にありますので、昨今のワンルームの多くは「25㎡以上」になっていることが多いのです。ただ、港区は商業地域内の物件に限り「2分の1未満の戸数を20㎡以上という規定」になっているので(それとは別に50㎡以上のお部屋を一定数設けなければならないなどの定めもある)、当住戸のような大きさが実現しているのです。

ワンルーム条例の規制対象外になる超小規模物件などでは近年、賃料単価を高めるために10㎡台の超コンパクト物件が誕生し上々の人気を集めているぐらいですし、個人的には22~23㎡と25㎡の使い勝手にはさして差がないと思っているので、少しでもグロスの嵩みが抑えられている方が魅力があるように思いますね(物件自体がワンルームばかりだと共用部などの手を抜きやすくなりますし、間取りとしても面白味がないので一定数40~50㎡台などを設ける条例自体はいいと思うのですが、25㎡以上というのは借りる側にとってもあまりメリットがないような気がします…)。

なお、当住戸は24㎡という面積帯でもわりと個性あるプランになっていますね。

西側は主に共用階段となっているので隣戸との兼ね合いはなく、柱をアウトフレーム化出来ていればさらに良かったとは思うのですが、専有面積のわりにはゆとりを感じることの出来るプランです。

キッチンの窓は幅はあるもののお見合いに配慮した上下幅がかなり短いものなので、プラン全体として採光面に難があるのは確かですが、洋室は8.7畳ありますし、洗面所もなかなかゆとりがありますね。

坪単価は494万円。低層階の北向きで日照・採光的に難のあるプランですのでかなり立派な水準という印象にはなりますが、25㎡未満のワンルームプランで近年の一般的なワンルームプランよりもさらに面積が絞られているのでこういった単価になるのも仕方ないところでしょうか…。

コンシェリア新橋SIXの20㎡台は低層階でもやはりこのぐらいの単価水準でしたし、近隣での再開発が盛んなエリアだけにこの水準でもそこそこにはニーズがあるのかもしれません。

管理費は405円/㎡。小規模コンパクト物件のためディスポーザーはありませんが、内廊下ということもあり高額な水準になっています。

駐車場は身障者用を含む全2台でいずれも平置になります。

3 Comments

通りすがり  

浴室サイズ

公式では1116と記載があります。

2019/03/07 (Thu) 18:02 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/03/09 (Sat) 14:33 | REPLY |   

モモレジ  

Re: タイトルなし

通りすがり様、匿名様

ご指摘有難うございました。
1416かと思いましたが扉の線が「4」のように見えているだけでしたね。

デベロッパーの件も勘違いしていました(汗)。
有難うございました。

2019/03/09 (Sat) 18:10 | REPLY |   


Post a comment