【ダイニングが狭い】シティタワーズ豊洲ザ・ツイン32階77.5平米6,280万円【坪単価268万円】

シティタワーズ豊洲ザ・ツインサウスタワー。内廊下の幅が狭いことで知られたタワーですが、ツインタワー1本1本が結構細いため間取り設計上も苦労している様子が見て取れます。前回までのシティタワーズ豊洲

外観【BLUESTYLE.COM】
画像 025[1]

お部屋は80平米弱の2LDK東向き中住戸です。サウスタワーの東向きですから高層建物が乱立する当地域の中では珍しくほぼ遮るものがないパノラマビューを望める方角です。

間取り的にはダイレクトウィンドウをLDに集約させた採光・眺望に優れたタイプなのですが、前述のように柱位置に苦労した跡が見て取れます。LDの柱がなんとも邪魔です。
柱の南側部分はダイニングにするのが望ましそうですが、ファミリー仕様の大きなダイニングテーブルをいれると通り道がなくなるような…。まぁ、でも中古で実物を見ることができるので安心ですね。
全体的には最近のスミフの十八番である廊下短めタイプの間取りです。
廊下は短めですけど水回りは玄関から見えない位置に配置されていますし、良いのではないでしょうか。
6.5畳のベッドルームの北側のクローゼットの位置は絶妙ですね。部屋の形に影響を与えない素晴らしい配置だと思います。

坪単価は268万円と高層階にしては手頃になった印象です。スミフさんは旧価格で頑張っていますが、中古は少し価格がこなれてきたようですね。
このマンションはサイクルトランクが専有面積に含まれていますので厳密な坪単価はもう少し上がりますが、ざっくりとした筆者の感覚は豊洲の中古タワマンで280超は危険、250ちょいなら悪くないかなという感じです。もちろん階数や方角によりますが300近い坪単価を維持するのは非常に難しいとみています。ハイパーインフレでも起これば別ですけどね。

このマンションの基本データ
【築年】2009年
【管理費/㎡】255円
【修繕積立金/㎡】78円

0 Comments



Post a comment