【ブレイクタイム】住友不動産2012年3月期【営業利益1,460億円見込、その時社長は…】

ちょっと面白い記事を日経で発見したので書いてみます。

「トップに聞く企業戦略」という記事なのですが、住友不動産の2012年3月期の営業利益が1,460億円となる見込で三井不動産を上回り、三菱地所と同額予想で初の業界首位となる可能性があるようです。

特にマンション販売事業が好調とのことで、それに関する社長のコメントの中に…
「必ずしも完成時までに完売を目指さず適正な販売価格を維持できていることが利益率の高さにつながっている」

…まじですか。
ちょっとマンションに詳しい人なら誰でも知っているこの住友さんの売り方ですが、社長がこれをいっちゃあ…。
この記事は株主や投資家向けであり、住友さんが稼げば稼ぐほどいいわけなので、こういう風に言ってしまったのでしょうが、普通の購入検討者が聞いたらどう思いますかね?

そもそも、コメントの中の【適正な販売価格】が疑問です。必ずしも完成時までに完売を目指さずというかほとんどの物件が完成後も販売されている状況ですし、どう考えても【適正な販売価格】とは思えないんですが…。


0 Comments



Post a comment