category: 不動産市況  2/13

世田谷区・杉並区・品川区・大田区のマンション相場【2017年市場動向フィードバック④】

第4回目となる本日は、世田谷区・杉並区・品川区・大田区の23区西側エリア4区の2017年をフィードバックしてみようと思います。※23区内の全体感などは以下をご参照下さい。⇒2017年全国マンション市場動向①【価格上昇は値引きと億ションの影響が強い】⇒2017年に都区部の平均単価が上昇した最大の要因とは?(2017年マンション市場動向フィードバック①)不動産経済研究所が発表している4区の数字はこんな感じで、さらに、2005年以降の...

  •  0
  •  0

渋谷区・新宿区・目黒区・文京区のマンション相場【2017年市場動向フィードバック③】

本日は渋谷区・新宿区・目黒区・文京区の都心3区に次ぐ高額エリアの2017年の動きをフィードバックしてみます。※23区内の全体感などは以下をご参照下さい。⇒2017年全国マンション市場動向①【価格上昇は値引きと億ションの影響が強い】⇒2017年に都区部の平均単価が上昇した最大の要因とは?(2017年マンション市場動向フィードバック①)不動産経済研究所が発表している4区の数字はこんな感じで、さらに、2005年以降の平均単価の動き...

  •  2
  •  0

港区・千代田区・中央区のマンション相場【2017年市場動向フィードバック②】

本日は港区・千代田区・中央区の都心3区の2017年の動きをフィードバックしてみます。※23区内の全体感などは以下をご参照下さい。⇒2017年全国マンション市場動向①【価格上昇は値引きと億ションの影響が強い】⇒2017年に都区部の平均単価が上昇した最大の要因とは?(2017年マンション市場動向フィードバック①)不動産経済研究所が発表している3区の数字はこんな感じで、さらに、2005年以降の平均単価の動きをグラフで表すとこんな感...

  •  0
  •  0

2017年に都区部の平均単価が上昇した最大の要因とは?(2017年マンション市場動向フィードバック①)

お盆が近づき新規供給が停滞気味になってきているので、わりと毎年やっている夏休み企画として、2017年の23区内の市場動向を振り返りつつ分析してみようと思います。第1回目の本日は、年初の全国マンション市場動向(不動産経済研究所によるもの)が発表された際に言及した、「区ごとの発売戸数はここでは分かりませんが、都区部の8.5%増に対して、都下は▲1.3%となっており、都心部へ行くほど発売戸数の増加率が高くなっている可...

  •  2
  •  0

2018年6月の首都圏マンション発売戸数

No image

不動産経済研究所の発表によると6月の首都圏のマンション販売は、発売戸数2,659戸(前年同月比16.4%増)1戸あたり価格6,244万円(前年同月比10.7%増)契約率66.0%(前年同月比1.2ポイントダウン)とのことです。4月、5月は低調な数字でしたし、先月の記事で書いたように特別目玉となるような物件の第1期もなかったので、6月も地味な数字になるのかと思っていましたが、販売戸数は前年同月や前月よりも増えていますし、契約率の...

  •  0
  •  0

2018年5月の首都圏マンション発売戸数

No image

不動産経済研究所の発表によると5月の首都圏のマンション販売は、発売戸数2,462戸(前年同月比5.4%減)1戸あたり価格6,030万円(前年同月比0.8%増)契約率62.2%(前年同月比10.0ポイントダウン)とのことです。前月4月は、3月が最近にしては好調だった反動が出た形だったので、今月どこまで戻すことが出来るかどうかに注目していましたが、やっぱりというか当然というか低調な数字になりました。まぁ、今月はいわゆる目玉物件が...

  •  0
  •  0

2018年4月の首都圏マンション発売戸数

No image

不動産経済研究所の発表によると4月の首都圏のマンション販売は、発売戸数2,342戸(前年同月比14.6%減)1戸あたり価格5,548万円(前年同月比6.3%減)契約率63.0%(前年同月比3.3ポイントダウン)とのことです。前月の記事で「3月が予想していたよりも好調な数字となったことの反動が警戒される」と書きましたが、まさにそのまんまの結果になりました…。3月が予想していたよりも良かったという意味では、もしかすると4月もそこま...

  •  0
  •  0

2018年3月の首都圏マンション販売戸数

No image

不動産経済研究所の発表によると3月の首都圏のマンション販売は、発売戸数3,617戸(前年同月比6.1%増)1戸あたり価格6,220万円(前年同月比11.3%増)契約率74.7%(前年同月比8.5ポイントアップ)とのことです。昨年12月以来の契約率70%越えで、74.7%という水準は一昨年の12月の76.6%以来のもので、予想していたよりも好調な数字になりました。前月の当記事(3月半ばに投稿)で言及していたように肌感覚的に販売戸数は結構伸...

  •  4
  •  0

2018年2月の首都圏マンション発売戸数

No image

不動産経済研究所の発表によると2月の首都圏のマンション販売は、発売戸数2,490戸(前年同月比7.8%増)1戸あたり価格6,128万円(前年同月比5.8%増)契約率65.0%(前年同月比3.4ポイントダウン)とのことです。相変わらず契約率は見るも無残な数字となっていますが、リーフィアタワー海老名に加えグレーシアタワー三鷹の第1期も間に合ったこともあり、発売戸数はまずまずの数字ですし、価格は前月から一気に回復しましたね…。1月...

  •  0
  •  0

2017年全国マンション市場動向②【住友・野村の供給が大幅増加】

No image

先日の記事の続きで、不動産経済研究所発表の2017年の全国マンション市場動向に関して、デベロッパー別の発売戸数を見ていきたいと思います。⇒2017年全国マンション市場動向について1位:住友不動産 7,177戸(前年1位)2位:プレサンスコーポレーション 5,267戸(前年4位)3位:野村不動産 5,158戸(前年3位)4位:三井不動産レジデンシャル 3,787戸(前年2位)5位:三菱地所レジデンス 3,101戸(前年5位)というトップ5にな...

  •  0
  •  0