ブリリア弦巻【この地だからこそ可能な趣】3階80㎡9,590万円(坪単価395万円)

ブリリア弦巻。

桜新町駅徒歩8分の8階建総戸数72戸のマンションです。

弦巻三丁目のプラウド弦巻三丁目、弦巻五丁目のプラウド弦巻に続き、弦巻四丁目のこちらの物件の販売が開始されました。
1年ほど前には南東側すぐのところでオープンレジデンシア桜新町テラスが分譲されていますし、この界隈の供給は相変わらず旺盛ですね。

桜新町駅はここ数年の間にも徒歩5分圏内の物件はかなり供給されているので当物件の徒歩8分は近い方とまでは言えませんが、近年の駅近物件でこういったスケール(この物件と同じかそれ以上)を有していたのは桜新町2丁目のジオ桜新町クラッシィヴィークステージ桜新町ぐらいですので、駅距離とスケール感をほどよく両立させた物件ということになります。

また、大通りから内に入ったポジションゆえの落ち着きや、三面接道の敷地面積2,600㎡超ゆえの敷地周りの開放感も当物件の大きな魅力の1つなのですが、それ以上の特長と言っても過言ではないのがこの地だからこその豊かな緑です。

従前この地には「古無門」や「雪乃下」などのお店があり、その日本家屋だけでなく雄大な既存樹や庭園の景石はこの地ならではの「資産」でした。
当物件は敷地外周部や中庭周りに既存樹や景石を活かし、新築物件では通常みられない趣のある佇まいに出会えるというのも大きなポイントの1つになります。

公式ホームページ
IMG_3820[1]
お部屋は南棟の80㎡の3LDK、南西角住戸です。低層階ですが、現状は南も西も駐車場などになっており、日照だけでなく視界的にも良好です(現状、南側はコインパーキング内に当物件のモデルルーム)。駐車場なのでむろん将来的な保証はありませんが、南側は接道していますし、道路との間には非常に背の高い上述の背の高い既存樹があるので、葉が茂る夏場はグリーンビュー的な魅力も十分なポジションになります。

間取りとしては、そのような物件内でも魅力的なポジションゆえに大き目のものとなっていますね。

ギリギリでも80㎡に乗せているのは印象としても良いですし、玄関が共用廊下から少し窪んだ位置にあるので角住戸にしては廊下が短めに出来ている点も好感が持てます。

LDは入口付近に廊下のようなデッドスペースがわりと大き目に混入していますし、13畳は若干の物足りなさもありますが、収納がかなり充実したプランですし、全体的なバランスに違和感はないでしょう。

また、洋室3の引き戸は直角方向に移動しつつ片側に収納できるタイプのウォールドアを採用しているので、全ての扉を開け放つとLDと違和感少なく一体利用できるようになっていますし、80㎡超の角住戸ならではのゆとりを感じることが出来る点も〇ですね。

一方、浴室が1620ではなく1418なのはちょっと残念な点になるでしょうか。

坪単価は395万円。低層階なので最上階のルーバル付プラン(坪単価479万円)などと比べると大分こなれています。
ただ、グリーンビューも望める南面条件良好なお部屋ですし、前述のように差別化要素に事欠かない物件なので(その地歴だけでなく、東京都初のZEH-M実証事業というのも1つのポイント。次の記事で言及します)、このぐらいの水準になることに違和感はないでしょう。

当物件の平均は400万円程度であり、同じ駅徒歩8分のプラウド弦巻三丁目などと比べると高く感じますが、そもそも桜新町駅界隈は「2014年の時点」で既に駅徒歩6分のヴィークステージ桜新町やグランドメゾン桜新町で約400万円という水準に達していながらもその後の大規模なプラウド桜新町などの供給で需給が悪化し相場が崩れた結果、坪単価が伸び悩んだという経緯があります。
そのため、6分と8分の差はあれど2014年とほぼ同じ単価という意味でも割高感はないでしょうね。