ブリリア北浦和【共用部に比べ専有部が…】3階70㎡5,288万円(坪単価249万円)

続けて、ブリリア北浦和。

設計・施工は長谷工、そしてデザイン監修は野生司環境設計です。昨年のブリリア浦和仲町と同じ組み合わせです。2.2mのサッシ高や長谷工ながら二重床な点も同様ですね。
近い時期・エリアで分譲される物件ではありますが、ここまで近いコンセプトを採用することはけして多くなく、評価出来る点の1つになるでしょう。

なお、「ブリリア×野生司」は読者の方であればピンとくるであろう組み合わせであり、ブリリア本郷弓町ブリリア早稲田諏訪通りなど都内好立地物件での実績も豊富です。

ブリリア浦和元町にあった大々的な壁面緑化はみられませんが、浦高通り沿いは充実した植栽が施されますし、敷地の西頂点部に設けられたゆとりあるアプローチを有したエントランスは総戸数65戸の物件として見映えのするものです。

また、エントランスホール内にも「ひと工夫」ありますね。
エントランスホールの奥、「正面の壁」には「シーズンギャラリー」が施されています。

このスペースには空間演出を手掛けるLandSkipにより「時間や季節に応じた映像」が映し出されるとのことなので、居住者・来訪者にとっての癒しとなることでしょう。

なお、外観はとりわけ特長のあるものではありませんが、マリオン・スリット目地をランダムに入れたことで単調なものとなっていないのは良い材料です。

前回のブリリア北浦和

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2019-9-16_16-18-25_No-00.png
お部屋は70㎡の3LDK、南東向き中住戸です。全戸南東向きの物件における南東中央付近に位置したプランで、正面方向は半分が隣接戸建、残りの半分が当物件の駐車場スペースになります。

低層階なので前建の影響は残りますが、将来的なリスクはさておき、少なくとも現状においては日照も得られるまずまずのポジションになりますね。

間取りとしては、物件内では小ぶりな方ではあるものの、それでも70㎡というしっかりとした面積が確保されたものになります(前回の記事で書いたように当物件は平均専有面積72㎡超を有している)。

やはり柱の食い込みが見られる田の字プランにはなるものの、LDの傍らにはコミュニケーションコーナーが設けられ、かつ、豊富なセレクトプランを有したものとなります。

建物竣工は来年末であり、この規模の物件にしては分譲開始が早めに感じますが(世界経済も変調を来たしていますし、いつまでこの高値相場が維持できるか微妙ですからデベロッパーにとっては早め早めが良いのでしょう…)、こういった豊富なセレクトプランを採用した「青田売りならではの物件」ならば納得でしょう。

坪単価は249万円。前回の記事で書いたように上下階の単価差はやや小さめで、平均としては260万円ほどになるでしょうか。
東口で比較対象になるのはグローリオレジデンス浦和元町(平均坪単価250~260万円)ぐらいですが、西口駅近物件ではシティテラス浦和常盤、パークホームズ浦和常盤ステーションプレミアが平均坪単価265~270万円と言ったところなのでアドレス・学区的なところを考慮してもやはり妥当なところでしょう。

設備仕様面は、平均専有面積72㎡超の総戸数65戸というスケールがあるのであればディスポーザーはあって欲しかったですし、水回りの天然石天板仕様はともかく食洗機やトイレ手洗いカウンターすらないのは残念ですね。

ブリリア浦和仲町と比べたら価格帯は下がりますが、それでもけしてお安い水準ではなく、この価格帯の物件としてかなりコストダウン感の強いものとなります。

管理費は227円/㎡。外廊下、かつ、ディスポーザーなしで総戸数65戸というそれ相応のスケールがあることを考えると高めな印象です。
ちなみに、エレベーターも普通に1基です。

駐車場は全22台で、うち平置4台(身障者用・事業協力者用含む)、残りの18台が機械式になります。