ルフォンリブレ大島【20㎡台ながら魅力ある眺望と内廊下】12階28㎡2,830万円(坪単価332万円)

続けて、ルフォンリブレ大島。

設計は三輪設計、施工は鍛治田工務店です。

当物件の最大のポイントはやはり新大橋通り(歩道)からの「約10.8mのセットバック」です。

拡幅中の不忍通りにはセットバックされた物件が多いですし、こういった極端かつ出色なセットバックが行われるケースはほぼほぼ道路の拡幅が理由なのですが、新大橋通りは拡幅事業が未着手のはずで、隣の隣の2015年築のレオーネ大島スカイブリーズにそのような様子が見受けられないところを見ると、当物件は自発的に敷地北側にゆとりを設けた設計ということになるでしょうか。

空地率は約51%と言うことで14階建のマンションとしては一般的な水準ですし、特に空地が多い印象はないものの、空地を北側に寄せ、そのセットバック部分に平置駐車場(6台)を設けたことで、このスケールの物件しては珍しいほどの空間的な広がりを演出出来ています。

セットバックしたことで奥行のあるエントランスアプローチが実現出来ていますし、シックなトーンの外壁とガラス手摺が彩る外観デザインにも見所を感じる物件でもありますので、帰宅時のこのアプローチは心地よいものとなることでしょう。

なお、当物件はエリア内では珍しい内廊下設計が採用されているのですが、アルコーブ側壁部分に足元から天井までのデザイン照明を施しデザイン面での工夫があるのも素晴らしいですね。

まだまだ多くはないとは言え内廊下の物件は増えてきてはいますので、ありきたりなデザインでないのは魅力的で、デザイン性に力を入れるルフォンらしさを感じることが出来る点です。

前回のルフォンリブレ大島

公式ホームページ
IMG_5142[1]
お部屋は28㎡の1DK、ポジション的には北東角住戸になります。東側は共用階段があるので開口部は設けられてはいないものの、北側はその約10.8mのセットバックがあるので新大橋通りまでは十分な距離が確保出来ており、通りの向かいの前建までの距離はもの凄いものがありますね。

新大橋通りの向かいは児童遊園や戸建などで高い建物がありませんので、眺望的にかなり魅力の高いポジションになります。北西方向にはスカイツリーもかなり大きく見えるでしょう。

間取りとしては、物件内では最もコンパクトな20㎡台になりますが、1Kでなく1DKになっておりこちらも面積のわりに部屋数を多くすることを意図したこのご時世らしいものです。

30㎡超ならまだしも20㎡台の1DKなのでDKは6畳しかない上、4畳のベッドルームの引き戸の開きも中途半端な設計になっているのは残念ではあるものの(方立て大き過ぎません?)、こういった面積帯に多い縦長のプラン(玄関⇒廊下⇒DK⇒ベッドルーム⇒バルコニー)になっていない点は評価出来る点でしょう。

「敷地北側」に特色を出したことがこのプランにも活きていると感じますし、コンパクトプランにとっては珍しい1.9mの奥行あるバルコニーも1つの特長と言って良いでしょうね。

また、こういった20㎡台のワンルームに毛が生えた程度のプランはバルコニー側の柱が食い込んでいることも少なくありませんが、当プランはきれいなのも良いですね。

坪単価は332万円。北向きではあるものの、上述のように魅力ある眺望が得られるポジションで、日照の差こそあれ30~60㎡台との単価差がほとんどないのは少々意外でした(当物件の30~60㎡台は単価が強めとは言え、こうした20㎡台の単価はさらに高くなるのが普通ですからね。)。

私はいわゆるワンルームマンション投資はしませんし、こういった面積帯は出口を考えた場合にオススメ出来る類のものではないものの、そこいらへんのいわゆるワンルームマンションとは異なり共用部にかなり特色のある物件にもなりますので(特に内廊下が素敵)、この面積・眺望でのこの単価ならば御の字と言った印象になるでしょうか。

設備仕様面は、ディスポーザーはありませんが、食洗機、ミストサウナ、トイレ手洗いカウンター、天然石のキッチン天板など違和感のないものがそろっています。また、壁紙を15種類、キッチン・キャビネットの扉を10種類からセレクト出来るようになっているので選ぶ楽しさもありますね。

管理費は337円/㎡。ディスポーザーはありませんが、内廊下ですし、スケールメリットが得られるような大きさでもありませんので違和感のない水準でしょう。