category: 不動産市況  1/25

2024年2月の首都圏マンション発売戸数【平均築年数にまで異変が…】

こちらの記事では2月の市況分析をお送りします。なお、本日の1記事目にまだ出来ていなかった1月分の市況分析をアップしているのでご覧いただいていない方はまずそちらをご覧ください~。 不動産経済研究所の発表によると2024年2月の首都圏のマンション販売は、発売戸数1,319戸(前年同月比27.6%減)1戸あたり価格7,122万円(前年同月比5.1%アップ)契約率69.9%(前年同月比3.4ポイントダウン)とのことです。 2月は、プラウドシ...

  •  0
  •  0

2024年1月の首都圏マンション発売戸数

No image

本日は毎月恒例の市況分析をお送りするのですが、忙しさにかまけて未だ1月分の記事をアップ出来ていませんでしたのでまずはそちらから…。不動産経済研究所の発表によると2024年1月の首都圏のマンション販売は、発売戸数1,112戸(前年同月比56.6%増)1戸あたり価格7,956万円(前年同月比22.2%アップ)契約率72.8%(前年同月比18.2ポイントアップ)とのことです。 前月の記事で、不動産経済研究所によると1,000戸の供給が見込まれ...

  •  0
  •  0

2023年12月の首都圏マンション発売戸数

No image

本日は毎月恒例の市況分析をお送りします。不動産経済研究所の発表によると2023年12月の首都圏のマンション販売は、発売戸数5,975戸(前年同月比3.8%増)1戸あたり価格6,970万円(前年同月比25.4%アップ)契約率66.1%(前年同月比8.7ポイントダウン)とのことです。前月の記事中で不動産経済研究所によると7,000戸が見込まれています。2020年12月こそ7,000戸超でしたが、ここ数年は6,000戸前後が多いため、今月の見込みも多すぎ...

  •  0
  •  0

2023年11月の首都圏マンション発売戸数

No image

本日は毎月恒例の市況分析をお送りします。11月の分析は12月下旬の不動産経済研究所発表後すぐに行う予定だったのですが、年末の各賞発表の準備や慌ただしさもあり、年明けとなっております…。不動産経済研究所の発表によると2023年11月の首都圏のマンション販売は、発売戸数2,743戸(前年同月比4.3%減)1戸あたり価格8,250万円(前年同月比36.7%アップ)契約率74.2%(前年同月比4.8ポイントアップ)とのことです。前月の記事中...

  •  0
  •  0

2023年10月の首都圏マンション発売戸数

No image

本日は毎月恒例の市況分析をお送りします。不動産経済研究所の発表によると2023年10月の首都圏のマンション販売は、発売戸数1,486戸(前年同月比46.3%減)1戸あたり価格6,567万円(前年同月比3.2%ダウン)契約率60.9%(前年同月比11.0ポイントダウン)とのことです。前月の記事中で 不動産経済研究所による予想の3,000戸までは行かないような気がしますが、秋商戦が本格化し、プロミライズ青葉台(第1期188戸)を筆頭に、シティ...

  •  0
  •  0

2023年9月の首都圏マンション発売戸数

No image

少し遅くなりましたが、本日は毎月恒例の市況分析をお送りします。不動産経済研究所の発表によると2023年9月の首都圏のマンション販売は、発売戸数2,120戸(前年同月比4.1%増)1戸あたり価格6,727万円(前年同月比1.1%アップ)契約率67.7%(前年同月比6.1ポイントアップ)とのことです。前月の記事中で 2,500戸まではいかないような気がしますが、例年よりはやや多めの2,000戸台前半に乗ってくる可能性は高く、引き続き在庫が減...

  •  0
  •  0

2023年8月の首都圏マンション発売戸数

No image

本日は毎月恒例の市況分析をお送りします。不動産経済研究所の発表によると2023年8月の首都圏のマンション販売は、発売戸数1,469戸(前年同月比26.4%増)1戸あたり価格7,195万円(前年同月比17.9%アップ)契約率68.6%(前年同月比6.6ポイントアップ)とのことです。前月の記事で8月は不動産経済研究所によると1,500戸の供給が見込まれています。例年8月はお盆休みのモデルルームも多く、1,000~2,000戸前後になることが多いです...

  •  0
  •  0

北区・江戸川区・足立区・葛飾区のマンション市況【2022年マンション市場動向フィードバック⑦】

最終回となる2022年市場動向フィードバックの第7回では北区・江戸川区・足立区・葛飾区の詳細な分析を行います。※首都圏や都区部の全体感については以下をご覧ください。⇒2022年全国マンション市場動向①【高価格帯エリアでの供給が低調】⇒2022年全国マンション市場動向②【デベロッパー別発売戸数ランキング】⇒2022年市場動向フィードバック①【都心区から外周区へ、東から西へ】不動産経済研究所によると4区の数字はこちらになりま...

  •  0
  •  0

2023年7月の首都圏マンション発売戸数

No image

本日は毎月恒例の市況分析をお送りします。不動産経済研究所の発表によると2023年7月の首都圏のマンション販売は、発売戸数2,591戸(前年同月比14.2%増)1戸あたり価格9,940万円(前年同月比55.8%アップ)契約率74.8%(前年同月比14.1ポイントアップ)とのことです。前月、例年の7月は2,000戸前後になることが多いのですが、今年はそのハルミフラッグSKYDUO第1期573戸に加え、三田ガーデンヒルズの1期4次219戸、さらに、6月にカ...

  •  0
  •  0

豊島区・中野区・練馬区・板橋区のマンション市況【2022年市場動向フィードバック⑥】

2022年市場動向フィードバックの第6回では豊島区・中野区・練馬区・板橋区の詳細な分析を行います。※首都圏や都区部の全体感については以下をご覧ください。⇒2022年全国マンション市場動向①【高価格帯エリアでの供給が低調】⇒2022年全国マンション市場動向②【デベロッパー別発売戸数ランキング】⇒2022年市場動向フィードバック①【都心区から外周区へ、東から西へ】不動産経済研究所によると4区の数字はこちらになります(「順位」...

  •  0
  •  0