category: 不動産市況  1/17

2020年4月の首都圏マンション発売戸数

No image

不動産経済研究所の発表によると4月の首都圏のマンション販売は、発売戸数686戸(前年同月比51.7%減)1戸あたり価格6,216万円(前年同月比5.4%増)契約率78.9%(前年同月比14.6ポイントアップ)とのことです。4月7日の緊急事態宣言の発令以降、大手デベロッパーはモデルルームの営業を停止しており、前月の記事で書いたように営業している一部の中小デベロッパーの物件がボチボチ供給される程度で500戸程度を予想したのですが、...

  •  0
  •  0

北区・江戸川区・足立区・葛飾区のマンション市況【2019年マンション市場動向フィードバック⑦】

2019年フィードバックの最後となる今回第7回は北区・江戸川区・足立区・葛飾区になります。※首都圏や都区部の全体感については以下をご参照下さい。⇒2019年全国マンション市場動向⇒思っていた以上に波及した価格高騰【2019年マンション市場動向フィードバック①】 不動産経済研究所によると4区の数字はこちらで(「順位」や「前年比」などに関しては私が計算したものになります)さらに、2006年以降の平均単価の動きをグラフで表し...

  •  0
  •  0

豊島区・中野区・練馬区・板橋区のマンション市況【2019年市場動向フィードバック⑥】

今回の第6回は豊島区・中野区・練馬区・板橋区の2019年をフィードバックしてみます。※首都圏や都区部の全体感については以下をご参照下さい。⇒2019年全国マンション市場動向⇒思っていた以上に波及した価格高騰【2019年マンション市場動向フィードバック①】 不動産経済研究所によると4区の数字はこちらで(「順位」や「前年比」などに関しては私が計算したものになります)さらに、2006年以降の平均単価の動きをグラフで表したもの...

  •  0
  •  0

世田谷区・杉並区・品川区・大田区のマンション市況【2019年市場動向フィードバック⑤】

今回の第5回は世田谷区・杉並区・品川区・大田区の2019年をフィードバックしてみます。※首都圏や都区部の全体感については以下をご参照下さい。⇒2019年全国マンション市場動向⇒思っていた以上に波及した価格高騰【2019年マンション市場動向フィードバック①】 不動産経済研究所によると4区の数字はこちらで(「順位」や「前年比」などに関しては私が計算したものになります)さらに、2006年以降の平均単価の動きをグラフで表したも...

  •  0
  •  0

2020年3月の首都圏マンション発売戸数

No image

不動産経済研究所の発表によると3月の首都圏のマンション販売は、発売戸数2,142戸(前年同月比35.8%減)1戸あたり価格6,156万円(前年同月比6.0%減)契約率70.0%(前年同月比2.2ポイントダウン)とのことです。今月の数字で最も目を引くのは契約率ですね。前年3月よりはダウンしましたが、ハルミフラッグの第1期があった昨年8月以来の7割超で、契約率からはコロナの影響がまだあまり感じられない結果になっています。7割超は久...

  •  0
  •  0

台東区・江東区・荒川区・墨田区のマンション市況【2019年市場動向フィードバック④】

今回の第4回は台東区・江東区・荒川区・墨田区の2019年をフィードバックしてみます。※首都圏や都区部の全体感については以下をご参照下さい。⇒2019年全国マンション市場動向⇒思っていた以上に波及した価格高騰【2019年マンション市場動向フィードバック①】 不動産経済研究所によると4区の数字はこちらで(「順位」や「前年比」などに関しては私が計算したものになります)、さらに、2006年以降の平均単価の動きをグラフで表したも...

  •  0
  •  0

渋谷区・新宿区・目黒区・文京区のマンション市況【2019年市場動向フィードバック③】

さて、第3回目は渋谷区・新宿区・目黒区・文京区という都心3区顔負けの高額エリアの2019年をフィードバックしてみましょう。※首都圏や都区部の全体感については以下をご参照下さい。⇒2019年全国マンション市場動向⇒思っていた以上に波及した価格高騰【2019年マンション市場動向フィードバック①】 不動産経済研究所によると4区の数字はこちらで(「順位」や「前年比」などに関しては私が計算したものになります)、さらに、2006年以...

  •  0
  •  0

港区・千代田区・中央区のマンション市況【2019年市場動向フィードバック②】

今回の第2回は港区・千代田区・中央区の都心3区の2019年をフィードバックして行きます。※首都圏や都区部の全体感については以下をご参照下さい。⇒2019年全国マンション市場動向⇒思っていた以上に波及した価格高騰【2019年マンション市場動向フィードバック①】 不動産経済研究所によると3区の数字はこちらで(「順位」や「前年比」などに関しては私が計算したものになります)、さらに、2006年以降の平均単価の動きをグラフで表した...

  •  0
  •  0

思っていた以上に波及した価格高騰【2019年マンション市場動向フィードバック①】

本日の2記事目は2019年の23区内の新築の市場動向をフィードバックしていきたいと思います。例年夏頃に行っているこちらの企画ですが、情報として早い方が良いのは間違いないですし、今年はコロナウイルスによる影響で新たなマンションの供給が滞っていることもあり、この機会にビシッとやっていこうかなと。第1回目の本日は「都区部の全体感」、そして2~7回目で具体的な物件名を挙げながら各区の詳細を分析していきたいと思ってい...

  •  0
  •  0

2020年2月の首都圏マンション発売戸数

No image

不動産経済研究所の発表によると2月の首都圏のマンション販売は、発売戸数1,488戸(前年同月比35.7%減)1戸あたり価格6,536万円(前年同月比3.9%増)契約率59.3%(前年同月比6.2ポイントダウン)とのことです。1月の34.5%減に続き発売戸数が前年同月比で大きく減りました。2月としては1975年以来の水準で非常に低調なのは明白ではあるのですが、1月に比べ在庫は522戸減っており、1月も12月末に比べ400戸ほど減っていたことを考...

  •  0
  •  0