category: 不動産市況  1/20

2021年9月の首都圏マンション発売戸数

No image

不動産経済研究所の発表によると9月の首都圏のマンション販売は、発売戸数2,311戸(前年同月比6.7%減)1戸あたり価格6,584万円(前年同月比13.3%アップ)契約率67.7%(前年同月比5.7ポイントダウン)とのことです。前月の記事で予想した通り、8月のパークコート神宮北参道ザ・タワーのインパクトほどではありませんが、パークタワー勝どきサウスの第1期1次233戸の影響の強い結果になりました。パークタワー勝どきサウスの1期1次...

  •  0
  •  0

2021年8月の首都圏マンション発売戸数

No image

不動産経済研究所の発表によると8月の首都圏のマンション販売は、発売戸数1,940戸(前年同月比16.2%増)1戸あたり価格7,452万円(前年同月比24.0%アップ)契約率73.0%(前年同月比4.5ポイントアップ)とのことです。前月の記事の最後に言及したように、やはり7月に行われたパークコート神宮北参道ザ・タワーの第1期1次160戸が8月分にカウントされてきているようで平均価格が高騰しています。ただ、白金ザ・スカイの第1期が含ま...

  •  0
  •  0

2021年7月の首都圏マンション発売戸数

No image

不動産経済研究所の発表によると7月の首都圏のマンション販売は、発売戸数1,952戸(前年同月比6.3%減)1戸あたり価格6,498万円(前年同月比6.1%アップ)契約率68.3%(前年同月比5.9ポイントアップ)とのことです。発売戸数は前月の記事で予想した感じの結果になったのですが、価格帯別供給戸数を見ると3億以上のお部屋は全体で4戸しかなくパークコート神宮北参道ザ・タワーの第1期160戸はやはり今月の数字には含まれていないよ...

  •  0
  •  0

2021年6月の首都圏マンション発売戸数

No image

不動産経済研究所の発表によると6月の首都圏のマンション販売は、発売戸数1,939戸(前年同月比25.7%増)1戸あたり価格6,211万円(前年同月比2.8%ダウン)契約率72.5%(前年同月比0.7ポイントダウン)とのことです。前月の記事で書いたように、まとまった戸数の第一期という意味では、バウス西大島の105戸があったぐらいで、平年以下の水準(緊急事態宣言明けで様子見をするデベロッパーが多かった昨年6月よりは多いが、2017~20...

  •  2
  •  0

2021年5月の首都圏マンション発売戸数

No image

不動産経済研究所の発表によると5月の首都圏のマンション販売は、発売戸数2,578戸(前年同月比556.0%増)1戸あたり価格5,908万円(前年同月比8.9%ダウン)契約率69.3%(前年同月比3.0ポイントダウン)とのことです。昨年5月はやはり"初め"の緊急事態宣言下でモデルルームは軒並み営業自粛という状況でしたので、500%超の増加は当然のことです。過去3年(2018~2020年)の5月を振り返ると2018年から順に「2,462、2,206、393」と...

  •  0
  •  0

2021年4月の首都圏マンション市場動向

No image

不動産経済研究所の発表によると4月の首都圏のマンション販売は、発売戸数2,089戸(前年同月比204.5%増)1戸あたり価格7,764万円(前年同月比24.9%アップ)契約率73.6%(前年同月比5.3ポイントダウン)とのことです。昨年4月は"初め"の緊急事態宣言下でモデルルームは軒並み営業自粛という状況でしたので、200%超の増加は当然のことです。それ以前の3年間(2017~2019年)の4月は「2,741、2,342、1,421」という感じですので4月...

  •  0
  •  0

北区・江戸川区・足立区・葛飾区のマンション市況【2020年マンション市場動向フィードバック⑦】

本日の第7回目は北区・江戸川区・足立区・葛飾区の2020年をフィードバックしていきましょう。※首都圏や都区部の全体感については以下をご参照下さい。⇒2020年全国マンション市場動向①【首都圏は2013年比53%減】⇒価格高騰の主要因はプレミアム住戸とコンパクト化【2020年マンション市場動向フィードバック①】不動産経済研究所によると4区の数字はこちらで(「順位」や「前年比」などに関しては私が計算したものになります)、さら...

  •  0
  •  0

豊島区・中野区・練馬区・板橋区のマンション市況【2020年市場動向フィードバック⑥】

さて、本日の第6回目は豊島区・中野区・練馬区・板橋区の2020年をフィードバックしてみましょう。※首都圏や都区部の全体感については以下をご参照下さい。⇒2020年全国マンション市場動向①【首都圏は2013年比53%減】⇒価格高騰の主要因はプレミアム住戸とコンパクト化【2020年マンション市場動向フィードバック①】不動産経済研究所によると4区の数字はこちらで(「順位」や「前年比」などに関しては私が計算したものになります)、...

  •  0
  •  0

世田谷区・杉並区・品川区・大田区のマンション市況【2020年市場動向フィードバック⑤】

さて、本日の第5回目は世田谷区・杉並区・品川区・大田区の2020年をフィードバックしてみましょう。※首都圏や都区部の全体感については以下をご参照下さい。⇒2020年全国マンション市場動向①【首都圏は2013年比53%減】⇒価格高騰の主要因はプレミアム住戸とコンパクト化【2020年マンション市場動向フィードバック①】不動産経済研究所によると4区の数字はこちらで(「順位」や「前年比」などに関しては私が計算したものになります)...

  •  0
  •  0

台東区・江東区・荒川区・墨田区のマンション市況【2020年市場動向フィードバック④】

さて、本日の第4回目は台東区・江東区・荒川区・墨田区の2020年をフィードバックしてみましょう。※首都圏や都区部の全体感については以下をご参照下さい。⇒2020年全国マンション市場動向①【首都圏は2013年比53%減】⇒価格高騰の主要因はプレミアム住戸とコンパクト化【2020年マンション市場動向フィードバック①】不動産経済研究所によると4区の数字はこちらで(「順位」や「前年比」などに関しては私が計算したものになります)、...

  •  0
  •  0