archive: 2022年06月  1/5

港区・千代田区・中央区のマンション市況【2021年市場動向フィードバック②】

第2回は港区・千代田区・中央区の都心3区の2021年をフィードバックします。※首都圏や都区部の全体感については以下をご覧ください。⇒2021年全国マンション市場動向①【実のところ「反動」は薄く、「バブル感」もそれほどではない】⇒【価格の微上昇は都心プレミアム住戸の影響か】2021年マンション市場動向フィードバック①不動産経済研究所によると3区の数字はこちらになります。(「順位」や「前年比」などについては私が計算したも...

  •  0
  •  0

オープンレジデンシア小石川ヒルズ【随分とお値段変わりました】56㎡8,480万円(坪単価497万円)

続けて、オープンレジデンシア小石川ヒルズ。設計は尾崎建築設計、施工は伊藤組土建になります。デザイン面での最大のポイントは、敷地北西部に設けられたエントランス周りになるでしょう。駅方向(坂方向)から目立つ位置に設けられたエントランスは石張りのアプローチが施されており、重厚感があります。また、エントランス上部の北西角住戸にはダイレクトサッシが採用されており、外観的なアクセントにもなっていますね。敷地面...

  •  0
  •  0

オープンレジデンシア小石川ヒルズ【バランス良しの駅徒歩7分】73㎡13,480万円(坪単価609万円)

オープンレジデンシア小石川ヒルズ。所在地:東京都文京区小石川5-27-1(地番)交通:茗荷谷駅徒歩7分用途地域:第一種住居地域階建・総戸数:地上7階地下1階建、30戸久堅公園のほど近く、春日通りと小石川植物園の中間付近に位置した物件になります。千川通りと春日通りを結ぶ道路に面しているので、凄く静かなわけではありませんが(坂道なので上りはアクセルを踏み込む必要がある)、小石川らしい住宅街の一画で、敷地面積600㎡...

  •  0
  •  0

サンクレイドル桜街道レジデンス【共用部にワーキングスペース、専有部は平均70㎡超】2階71㎡3,688万円(坪単価171万円)

続けて、サンクレイドル桜街道レジデンス。設計は光和設計、施工はファーストコーポレーションです。同じく桜街道駅を最寄りとし、スケール的にも近いものがあったサンクレイドル玉川上水とサンクレイドル桜街道Ⅱの施工は淺川組だったのですが、こちらはファーストコーポレーションであるところを見るとファーストコーポレーションの特命受注案件かもしれません。このエリアに強いアーネストワン物件の中でも随一のスケールを誇る...

  •  0
  •  0

サンクレイドル桜街道レジデンス【駅距離はあるが、住居系地域とスケール感】5階83㎡4,538万円(坪単価180万円)

サンクレイドル桜街道レジデンス。所在地:東京都東大和市立野3-636-1他(地番)交通:桜街道駅徒歩9分、上北台駅徒歩9分用途地域:第二種中高層住居専用地域、第一種中高層住居専用地域階建・総戸数:7階建、112戸デベロッパーのアーネストワンは、サンクレイドル桜街道Ⅰ・Ⅱ、サンクレイドル桜が丘、サンクレイドル玉川上水の実績があり、この界隈での存在感は随一と言って良いでしょう。「サンクレイドル」シリーズは、分譲マン...

  •  0
  •  0

【価格の微上昇は都心プレミアム住戸の影響か】2021年マンション市場動向フィードバック①

本日は毎年恒例の新築マンション市場動向を基にした2021年のフィードバックを行っていきたいと思います。⇒過年度のフィードバック例年通り、第1回目の本日は都区部に焦点を、そして2~7回目で具体的な物件名を挙げながら過去16年分のデータを基に各区の詳細な分析をしていきます。早速ですが、2021年の都区部の主要指標をご覧いただきましょう。年初の2021年全国マンション市場動向の発表の際に首都圏及び都区部全体の数字について...

  •  0
  •  0

2022年5月の首都圏マンション発売戸数

No image

不動産経済研究所の発表によると2022年5月の首都圏のマンション販売は、発売戸数2,466戸(前年同月比4.3%減)1戸あたり価格6,088万円(前年同月比3.0%アップ)契約率70.2%(前年同月比0.9ポイントアップ)とのことです。前月(4月)の記事の終わりに、「肌感覚としてはGW前後は例年よりも盛り上がりに欠けていた印象があり(緊急事態宣言下だった2020年は例外)、ザ・ヨコハマフロントタワーがカウントされなければ発売戸数・契...

  •  0
  •  0

ル・サンク小田原栄町【立地なりのデザインとランドプラン】69㎡4,098万円(坪単価198万円)

続けて、ル・サンク小田原栄町。設計・施工は長谷工ですが普通に二重床になります。デザイン監修に別途デザイナーを起用しておらずデザイン面も含め長谷工の担当者によるもののようですが、単刀直入に言ってデザインクオリティが非常に高いと感じる物件ですね。前回の記事で取り上げた角住戸の東西コーナー部に設けられたダイレクトサッシのインパクトが非常に高い物件になるのですが、それ以前にベースとなる部分の設計・デザイン...

  •  0
  •  0

ル・サンク小田原栄町【栄町の駅徒歩5分×タワマン顔負けのダイレクトサッシ】79㎡7,298万円(坪単価304万円)

ル・サンク小田原栄町。所在地:神奈川県小田原市栄町2-64-1他(地番)交通:小田原駅徒歩5分用途地域:商業地域階建・総戸数:14階建、65戸(非分譲住戸15戸含む。別途店舗2戸)2019年に分譲されたプレミスト小田原栄町から大工町通りを挟んだ斜向かいオービックビル跡地に誕生する物件になります。銀座通り交差点の北西側の角地(南東が交差点)ですね。プレミスト小田原栄町の分譲当時も言及した新幹線ビルの建替で駅前に誕生す...

  •  0
  •  0

プラウド小竹向原【環七沿いだが南面良好、ベッドルームに床暖房】2階66㎡6,298万円(坪単価314万円)

続けて、プラウド小竹向原。設計はGA建築設計社、施工は埼玉建興です。当物件は低炭素建築物認定を受けた省エネ性能の高さが大きなポイントの1つになっており、二重サッシ(環七側)やベッドルーム1室の床暖房もその一環になります。スケール的には敷地面積1,300㎡ちょっとの一般的なもので、空地の多くは駐車場と駐輪場といった感じになります。ただ、敷地東側(環七沿いではない)に設けられたエントランスは奥行のあるクランク...

  •  0
  •  0