アトラスシティ千歳烏山グランスイート【これぞアトラス!緑豊かなランドプラン×ネクストアーキテクトデザイン】1階70㎡9,498万円(坪単価447万円)

続けて、アトラスシティ千歳烏山グランスイート。

設計はネクストアーキテクト&アソシエイツ、施工は大末建設です。

杜ノ棟と風ノ棟の2敷地合計12,000㎡超のスケールを有した豊かなランドプラン、さらに、旭化成の建替プロジェクトらしいネクストアーキテクト&アソシエイツによるデザインが最大のポイント・大きな魅力となる物件です。

まず、ランドプランとしては、従前の給田北住宅の7階建ほどの高さは実現出来ていないものの(給田北住宅は1971年築で現在の最高高さ10mの制限前)、当物件も高さ緩和された4階建(約12m)で、空地率は2敷地共に50%ほどと一低専の敷地としては優秀な部類と言えます。

特に杜ノ棟は敷地外周部の歩道状空地(近隣住民なども通行可能な貫通通路※緩和を受けるための施策)を整備しつつ、敷地中央部に1,000㎡近い大きな中庭を設けることが出来ており、この規模だからこそ実現したものと言えるでしょう。
そういった緑の空間を多く設けた分、杜ノ棟側の駐車場が少ないというデメリットもありはしますが…。

デザイン的にはプレーリースタイルを彷彿させる水平に広がる端正な佇まいと、温かみのあるレンガ色のタイルを採用したヴィンテージ感のあるデザインが印象的、また、敷地形状に沿った細やかな雁行設計と、以下のプランにも見られるバルコニーやテラスの凹凸も外観的な存在感や繊細さを高める一助となっています。
同ネクストアーキテクト&アソシエイツにより大々的な雁行設計を採用し、レンガ色のタイルも印象的だった低層物件アトラス調布を彷彿させる趣と存在感を演出した物件で、まさに期待していた通りの素敵なマンションに仕上がっています。

2敷地に分かれた物件のため当然ながらエントランスは杜・風それぞれの棟に分かれており、4階建の低層物件ということもあってか2層吹抜などのダイナミックな設計にはなっていません。
ただ、エントランスホールからは共に窓面を介し坪庭が望めるようになった風流で上品な空間設計が採用されており、やっぱりこのあたりからも"アトラスならではの上手さ"を感じることが出来ますね。

なお、共用施設は2棟合計248戸としてはやや控え目で、中庭、エントランスホール兼ラウンジ以外だと杜ノ棟屋上のコモンテラスと2階のコミュニティスペースになります。コミュニティスペースはリモートワークなどにも使えるサードプレイスですね。

前回のアトラスシティ千歳烏山グランスイート

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2024-1-31_15-59-26_No-00.png
お部屋は杜ノ棟の70㎡の3LDK、南向き中住戸です。杜ノ棟の中でも敷地北側、南方向に中庭を望む”敷地内向き”ポジションになります。
もちろん、中庭の先や斜め方向には他住戸(他棟)のある内向きポジションではあるものの、一低専の4階建なので圧迫感は抑えられており、日照も得られますね。当住戸は内向き住戸の中でも"中庭の正面"に位置しているので、視界・日照面での魅力が大きいでしょう。

間取りとしては、ギリギリ70㎡に乗せているのは良い点ですし、柱の食い込みも抑えられています。

田の字ベースの設計なので居室配置はごくごく一般的ではあるものの、テラスはLD側にあった方が魅力的だったのではないでしょうか。
洋室3はリビングインではあるものの、ウォールドアなどでつながっているわけではないですし、先ほどのタイプ同様に空間的な広がりの得にくい設計になってしまっているのが勿体ないですね。

坪単価は447万円。上層階に地権者住戸が多くなっていることから平均がこちらに近い450万円程度になるであろう物件で、1階とはいえ正面に中庭を望むポジションなりの水準ですね。西向きの1階住戸には420万円程度のものもあり、中庭を望む良好な南向きであることが考慮されているのでしょう。

中庭との間には木々もありはするものの、視線が気にならない生活とはいかないわけですし、上述のようにLDがテラスに面しておらず1階住戸としての魅力が半減してしまっている(?)ことを鑑みるともう少し抑えられていてもおかしくなかった印象はあります。ただ、そもそも"外向き"の南向き住戸も風ノ棟の影響が不可避なわけで、"物件内では良い方の南向き"とも言えますので、このぐらいになるのはやむなしでしょうか。

設備仕様面は、ディスポーザーが…。2敷地に分れてしまっているとはいえ、それぞれが100戸超のスケールを有しているわけですし、分譲の価格帯からするとデベロッパーがディスポーザーの導入をためらうような物件ではないはずなのですが、地権者の意向あってのものでしょうか…。
食洗機やトイレ手洗いカウンターは付いていますが、ゼッチ・マンションでもないですし、建替(プロジェクト)を実現するために少なからず妥協せざるを得なかったのでしょう。
上述のようにランドプランやデザインで差別化を図ることが出来ているため専有部はあまり…ということなのだと思いますが、価格帯が価格帯ですのでもうちょっとバランスをとって欲しかったですね。

管理費は224円/㎡。ディスポーザーなしの外廊下でスケールも有していることから控えめな水準です。豊かな植栽の管理コストが少なからずかかるはずですし、坪単価400万円台という高価格帯の物件ということを鑑みるとリーズナブルなものと言えます。

駐車場は杜ノ棟が23台(身障者用を除く22台が機械式)、風ノ棟が59台(身障者用を含む16台が平置、43台が機械式)で、全体でおよそ3分の1の設置率になります。

0 Comments



Post a comment