ガーラレジデンス八潮【絶好の南面!エントランスも南面】3階45㎡3,750万円(坪単価276万円)

続けて、ガーラレジデンス八潮。

設計はオームラ建築設計、施工はウラタで直床になります。

容積率200%エリアですし、住居系地域で高さも出しにくいエリアになりますので、総戸数52戸の建物スケール自体はごくごく並の水準でしかないのですが、その代わり敷地面積は1,600㎡超としっかりしています。

空地率も約51%と高めで、敷地周囲が中心にはなりますが全体的に緑が充実したランドプランにも好感が持てますね。戸建などの住宅街を望む南面間口が豊かな敷地で、その南面道路沿いは線状に緑化、また、エントランスも両サイドが緑化された南側に設けられているので非常に気持ちが良いですね。

こういった良好な南面ポジションの物件だと南向き住戸を少しでも増やすために、エントランスは南側以外に設けられることが少なくないのですが、当物件はその接道条件(北側にエントランスを設けると駅距離が遠くなるというのもあるでしょう)なども功を奏したのかメインエントランスを南側に出来ているというのが地味に素晴らしい点だと思います。
北側道路沿いには駐輪場や駐車場入口がある歩車分離良好なランドプランでもありますね。

また、デザイン的な見どころも十分です。
その良好な南向き中心の物件になるのですが、南面の中央部を茶系の逆L字マリオンなどで分節、また、エントランス周りにもホワイトの大判タイルやシックな木調素材を用いるなど、全体的にセンスの良さを感じることの出来るスタイリッシュな佇まいとなっています。

出色の高級感こそないですし、先ほど取り上げた角住戸周りなどには目立つ開口部を設けることでさらなるアクセントにもなっていたはずですが、それを抜きにしても全体的なデザインレベルが高い物件という印象ですね。

前回のガーラレジデンス八潮

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2024-2-7_9-47-55_No-00.png
お部屋は45㎡の2LDK、北西角住戸です。当物件は南向きのブライトコートに大半のお部屋があるのですが、敷地北側にはエアリーコートという小さな棟(2棟はエキスパンションジョイントで連結されています)もあります。
こちらのお部屋は北側道路の向かいに戸建や駐車場(青空)、西側は当物件の駐車場を挟み7階建のマンションというポジションですね。

間取りは物件内で最も小さなタイプで、エリア・駅距離的に少々意外ではあったものの、前回の記事で述べたように駅徒歩分数などから受ける印象以上の交通利便性の高いエリアということを鑑みれば違和感はないでしょう。
40㎡台中盤で2LDKを採用した都心顔負けの部屋数重視の設計には少々驚かされましたが…。

玄関位置が良好なスクエア形状のプランのため、廊下が短く出来ていますし、その上、こちらのエアリーコートは低層建で壁式構造が採用されていることから効率性は高いです。また、先ほどのプランとは異なり開口部もわりと充実しており、連窓サッシ×ウォールドアを採用したLD~洋室2にかけての空間設計は魅力的ですね。

坪単価は276万円。南向きでないわりにはしっかりとした水準で、やはりそこは40㎡台中盤まで面積を絞った2LDKであることが影響しているのでしょう。
そのように確かに交通利便性は良いものの、けしてコンパクトニーズが旺盛なエリア(分かりやすい人気のあるエリア、広域から多くの検討者が訪れるエリア)ではありませんので、こういった大きさのものは同単価水準の南向き(3LDK)に比べ単価を抑えて欲しかったところですね。

都内にはなるものの、お隣の六町駅(各駅停車駅)ではクオリティス東京六町が優に300万円を超える水準で分譲中ですし、このご時世ですので大きな違和感があるわけではありませんが…。

設備仕様面は、このスケールなのでディスポーザーはありませんが、食洗機、トイレ手洗い器、さらに、スロップシンクが付いています。単価帯を考えれば上々でしょう。

管理費は185円/㎡。ディスポーザーなしの外廊下とはいえ、40~60㎡台の総戸数52戸という小ぶりなスケールを鑑みれば良心的な設定と言えるでしょう。

駐車場は全18台で平置5台(来客用1台及び来客用兼身障者用1台含む)、機械式13台となります。

0 Comments



Post a comment