パークホームズ市川真間【小規模ながらも特色豊かなエントランス周り】6階70㎡8,470万円(坪単価398万円)

続けて、パークホームズ市川真間。

設計はIAO竹田設計、施工は大城組です。

敷地面積2,600㎡弱ある南側の賃貸マンションとは異なり、こちらは敷地面積900㎡そこそこの小ぶりな物件になります。

ただ、古くからの邸宅地としての趣を有する市川一丁目であること、また、前回の記事で述べたように上層階には100㎡超を設けるなどかなり高価格帯(グロス)の物件になることも考慮したためか、平均的なパークホームズに比べデザインへの拘りを感じることが出来るでしょう。

最大のポイントとなるのが真間銀座通り沿いに設けられたエントランス周りの設えで、2階部分西側(エントランス上部)の大部分にデザインされた縦格子、さらに、水平に伸びた黒の大庇も道行く人の目に留まることでしょう。
エントランスは真間銀座通りの歩道と連続する感じでプライベート感は薄くはなるものの、インターロッキング敷の歩道やその間に設けられた植栽などとも相まり雰囲気的には良いですね。

小ぶりな物件ですし、1階(及び2階)の一部には玉井医院(クリニック)が入居予定であることからエントランス周り(建物内部)のゆとりがある方ではないのですが、ホール脇には紅葉ラウンジと桜ラウンジという2つのエントランスラウンジがあり、木目や格子をふんだんに用いた和の趣豊かな空間デザインもこの地に相応しいものです。

前回のパークホームズ市川真間

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2024-2-21_9-48-22_No-00.png
お部屋は70㎡の3LDK、南向き中住戸です。南側には同13階建の賃貸マンションが建設中ですので、中層階、かつ、中住戸だと影響は大きいですね。冬場は日照への影響もあるでしょう。

間取りは70㎡に乗せたオーソドックスな大きさの3LDKで、昨今の平均的な物件であればこれでも大きい方になるのですが、この物件は全体的に面積帯が大きいため、1フロア4戸(3~10階)の中で下から2番目の大きさになります。

居室配置は普通に田の字になるものの、平均的な田の字よりもスパンが確保出来ており、かつ、連窓サッシを採用したことで南面開口部が充実しているのは魅力になるでしょう。LD側だけでサッシ2枚半ありますし、前建の影響はあれど採光的には何ら問題はないはずです。

共用廊下側の柱の食い込み及び居室形状は残念ですが、スパンが確保出来たことで奥行(玄関からバルコニーまでの距離)を短めに出来ており、それに伴い廊下が短めなのは良い材料になります。

坪単価は398万円。視界が妨げられ、日照への影響もある中層階中住戸で約400万円ということで予想していたよりもしっかりとした水準です。

近年の市川駅の供給事例としては、エクセレントシティ市川マスタリー(2020年分譲/駅徒歩8分/約285万円)、ザ・パークハウス市川二丁目(2020年分譲/駅徒歩7分/約300万円)があるぐらいで、早いもので3~4年が経過しているので大きく値上がりするのは当然ではあるのですが、この南面条件であればもう少し抑えられるものと思っていました。

設備仕様面では、ディスポーザーがないのは残念ですね。総戸数自体は42戸と少な目ではあるものの、4戸の100㎡超以外も60~80㎡台で構成されたそこそこのスケールを有した物件、かつ、価格的にもそこそこに立派な物件ですのでディスポーザーがある方が自然でしたね。
なお、食洗機、トイレ手洗いカウンター、キッチン食器棚(バックカウンター)は備わっています。

管理費は328円/㎡。ディスポーザーなしの外廊下ですので普通に高く感じるのですが、それに加えて管理形態も「通勤」ではなく「巡回」になりますので、割高感は小さくないでしょう。

駐車場は全14台で、うち2台の平置は一般販売対象外住戸専用、残りの12台が機械式(一般住戸用)になります。なお、別途店舗用が2台分あります。

0 Comments



Post a comment