ソルフィエスタヴェルデ【二次元・三次元共に優秀なプラン】5階73㎡4,898万円(坪単価220万円)

続けて、ソルフィエスタヴェルデ。

設計は寺澤雄治アート設計工房、施工は田中建設です。前回の記事で述べたように、二次元・三次元共に設計面(構造面)での工夫が見られる物件で、スラブ厚250mm(一般的な物件は200mm)、戸境壁厚260mm(一般的な物件は180mm)というあたりも少なからず魅力になるでしょう。

なお、60~70㎡台のみで構成された物件ではありますが、10階建での総戸数36戸(1フロア4戸)ということで、敷地面積は630㎡ほどしかありません。
南西接道の全戸南西向きで、南西は戸建住宅街(高さ制限などの厳しい第二種住居地域)になるため駅前らしからぬ敷地周囲の広がりはあるものの、スケール感を覚えることはないでしょう。

ただ、小ぶりな敷地ながらもソルフィエスタシリーズらしくエントランス周りに力を入れた設計で、ピロティ状の奥行あるエントランスアプローチ、さらに、質感のあるマテリアルや間接照明の採用で重厚感・高級感といったものを演出しているあたりは上手ですね。

建物デザインに関しては、住戸バルコニー間にマリオンがある程度で、さして大きな特徴があるわけではないですし、ソルフィエスタ亀戸ルシーアソルフィエスタ堀切菖蒲園ソルフィエスタ船堀など幾度となく豊かなエントランス周りに驚かされてきたシリーズということを考えると少々大人しい印象だったりもしますが…。

前回のソルフィエスタヴェルデ

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2024-3-8_11-11-26_No-00.png
お部屋は73㎡の3LDK、南西向き中住戸です。南西方向はそのようにほぼ戸建となるため、この階でも視界抜けが出てくる魅力的なものです。

間取りは中住戸ながら物件内で最も大きなものです。
長方形の専有部形状及び田の字の居室配置自体はごくごく一般的な範疇ではあるのですが、ベッドルーム2を共用廊下からかなりしっかりとセットバックしたことで柱の影響を排除しているのはこのシリーズらしい配慮と言えるでしょう。

ここまでセットバックしてしまうと採光が得にくくはなってしまいますが、そもそも北東側には隣接マンションのあるポジションですし、通風などを確保しつつ共用廊下側のプライバシー性に優れている、という点でも良い試みだと思いますね。

そういった効率性の高さもあってか、LDKで16.8畳を確保出来ていますし、トールドアを採用したベッドルーム3の柔軟性の高さを考えると専有面積以上のゆとりを感じることが出来るのではないでしょうか。

欲を言えば連窓サッシを採用して欲しかったというのはありますが…。

坪単価は220万円。中層階のため物件平均に近い水準です。近年の中住戸としては73㎡は大きく、グロスが少々嵩んだ印象にはなるのですが、大きな違和感はないでしょう。
完全アウトフレームの高効率性を鑑みれば一般的な70㎡でもそこそこのゆとりがあったはずですし、"売りやすさ(中古でのリセール時も含む)"という点で言えば、70㎡にギリギリに乗せるぐらいの方が適切だったようには思いますが…。

設備仕様面は、小規模なのでディスポーザーがないのは当然ですし、この単価帯ならば水回りの天然石天板仕様やトイレ手洗いカウンターがないことにも違和感はないでしょう。食洗機と床暖房はしっかりと付いており、床暖房が2分割対応タイプなのは良いですね。

管理費は180円/㎡。ディスポーザーなしの外廊下ですが、総戸数36戸の小ぶりなスケールを鑑みればリーズナブルな水準です。中古では当たり前の世界ですが、新築においては昨今の強烈なインフレで200円未満の物件を見かけることがかなり少なくなってきています。

駐車場は全11台で、内訳は平置2台・機械式9台になります。

0 Comments



Post a comment