ブリリア新百合ヶ丘【端正なアーキサイトデザイン×良好の設備仕様】71㎡4,650万円(坪単価217万円)

続けて、ブリリア新百合ヶ丘。

設計・施工は飛島建設、デザイン監修はアーキサイトメビウスです。

アーキサイトメビウスは、ブリリアザ・タワー東京八重洲アベニューブリリアタワー池袋ウエストなどブリリア(東京建物)のタワーで起用されることが多いのですが、ノンタワーだとわりと久々になるでしょうか。
担当は櫻井氏で、ディアナコートたまプラーザディアナコート祐天寺レジデンスなどモリモトの高額物件で腕を振るうことの多い方ですね。

"ブリリアのアーキサイトメビウスデザイン"は東京建物の意向もあるのかモリモト×アーキサイトメビウス物件のような華(インパクト)がないことが多く(東京建物自体に必要以上の華美なデザインを嫌う傾向にあると思います)、こちらもその範疇にはなるのですが、アイボリーベージュを基調とした上品な色味、また、ブラウン色のガラス手摺で水平ラインを強調した端正なファサードは流石で、落ち着きある住宅地(とはいえ学会施設の隣ではありますが…)の中で絶妙な存在感を放てるのではないでしょうか。
風除室~エントランスホールにかけては面積的にはけして大きくはないのですが、2層吹抜としたことで、菅早野線沿いから一目置かれる存在になりそうです。

敷地面積は3,000㎡弱というそこそこのスケールがありながら低層建の3棟構成のため空地らしい空地がほとんど見当たらないのは残念ですが(※)、敷地北東部のエントランスホールからも望める位置には緑も充実しています。
※敷地南北でかなりの標高差があるランドプランゆえの難しさもあるでしょう。敷地北側に設けらえたエントランスは道路からフラットアプローチながら2階扱いで、2~3階にかけての2層吹抜になっています。

前回のブリリア新百合ヶ丘

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2024-3-15_12-5-16_No-00.png
お部屋は東棟の71㎡の3LDK、東向き中住戸です。低層階で東側道路の向かいに創価学会文化会館(3階建)がかかってくるポジションになります。南東方向は学会の青空駐車場なので日照も得られますね。ただ、学会への来訪者が多く、駐車場の出入りが激しい時は少々気になるでしょう。

間取りは70㎡ちょっとのオーソドックスな田の字プランになります。

共用廊下側の柱は普通に食い込んではいるものの、低層建なので柱は細めです。また、連窓サッシ×ウォールドアを採用したバルコニー側の開放感は見どころの1つで、LD側だけでサッシ3枚分程度の幅があるのも良い点ですね。

なお、当物件は平均専有面積72㎡超を実現しており、エリア・駅距離なりの設定と言えるのではないでしょうか。

坪単価は217万円。上層階は250万円程度とそこそこの差がありますね。低層階だと視界抜けという感じではないですし、上述のように道路(駐車場への車の出入り)も気になることが考慮された形でしょうか。

前回の記事で述べたようにバス便物件ですし、低めの駐車場設置率も気にはなります。しかしながら、以下のように設備面は200万円そこそこの単価帯の物件にしては充実していますし、デザイン的にも単価帯以上の魅力があるためそういった点に惹かれた方であれば検討しやすい水準だと思いますね。

設備仕様面は、そこそこのスケールがあるとはいえ単価帯からすればディスポーザーが付いているのは立派でしょう。水回りの天然石天板仕様やトイレ手洗いカウンターはありませんが、食洗機が付いていますし、「ゼッチ×低炭素認定」ゆえのエコ・断熱性能の高さも魅力の1つです(洋室1室の床暖房もゼッチ基準との兼ね合いで付いているのでしょう)。

管理費は242円/㎡。外廊下ですが、ディスポーザーが備わっての水準ですので悪くありません。

駐車場は、全37台で身障者用のみが平置、36台が機械式になります。

0 Comments



Post a comment