ルジェンテ西日暮里【小規模ながらもゼッチ×戸別宅配ボックス】34㎡4,250万円(坪単価419万円)

続けて、ルジェンテ西日暮里。

設計はCo-Co Design、施工は増岡組、デザイン監修はカーサデザインコンサルタントです。

敷地面積300㎡ちょっとの超小規模物件で、空地率も約27%という低水準なのですが、尾久橋通りと冠新道に面した北東角地ということで、敷地周りの空間的な広がりという点では悪くありません。交差点に面した部分は歩道が特にゆったりとしています。

とはいえ、如何せん敷地に余裕はないためエントランスは尾久橋通り沿いの歩道からすぐのところにありますし(セットバックが最低限)、エントランスホールも最低限のこじんまりとしたものになりますね。

エントランス内外のデザインもシンプルな印象、また、外観デザインに関してもバルコニー戸境の2色のマリオン以外に特筆すべき点はありません。
ルジェンテ池袋立教通りルジェンテ早稲田ルジェンテ上野松が谷など近年は小規模でもデザインに力を入れているルジェンテが多くこちらにもわりと期待していたのですが、やや地味な印象ですかね。

前回のルジェンテ西日暮里

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2024-3-15_13-16-59_No-00.png
お部屋は34㎡の1LDK、東向き中住戸です。低層階ですので尾久橋通り及び舎人ライナー(高架)の影響が大きなポジションになります。

間取りは当物件のメインとなる30㎡台前半のタイプで、1LDKとしても平均的な大きさのものです。

専有部形状もごくごくオーソドックスなタイプでとりわけ述べるべき点はないのですが、先ほどのタイプ同様にリビングインの洋室の引き戸がウォールドアなどになっていないのは残念な点でしょう。
LD単体がけしてゆとりあるものではないため、隣の洋室が一体利用できる柔軟性を兼ね備えていた方が良かったでしょうね。

なお、玄関前には戸別宅配ボックス及び防災備蓄倉庫が設けられています。

坪単価は419万円。こちらのA2タイプと隣のA1タイプ(北東角住戸)が合わさり先ほどの58㎡(中・上層階。若干南側の戸境に違いがあります)になるため、こちらは低層階のみにしかありません。ただ、同面積のA3タイプ(このタイプの1つ南側)は上層階付近まであり、その単価は500万円ちょっとということで上下差はしっかりとしています。

上層階でも視界的な魅力はけして高いわけではないですし、尾久橋通りや舎人ライナーの喧騒に関しても大きな差はないため単価差は思っていたよりも大きかったですね。

コンパクトはやはり利便性や将来性がモノを言いますので、30㎡そこそこの大きさで400万円ちょっとであればこのご時世現実的な方だと思います。

設備仕様面は、小規模コンパクトのためディスポーザーは付いていませんが、トイレ手洗い器は付いていますし、ゼッチ基準を満たしているがゆえのエコ・断熱性能の高さもポイントになるでしょう。
また、遠藤照明のLED調光システム「Synca」の採用も特徴の1つで、室内でありながら自然光に近い環境を実現し、生活リズムを整えてくれるようです。

管理費は388円/㎡。ディスポーザーはありませんが、かなり小規模な内廊下物件ということで高くなっています。スケールメリットが得られない小規模なりの割高感はありますが、やむなしな水準ではあるでしょう。

駐車場は1台のみで平置になります。

0 Comments



Post a comment