オープンレジデンシア葛西【良好なエントランスアプローチ×オプレジではレアな平置6台】35㎡3,998万円(坪単価374万円)

続けて、オープンレジデンシア葛西。

設計は小野田建築設計事務所、施工は旭建設です。

前回の記事でも述べたように、敷地面積は730㎡ほどに過ぎない小規模物件で、空地率も約50%と低めです。
しかしながら、空地率が数字以上に大きく感じるランドプランで、道路と建物の間に平置駐車場だけでなく、複数個所の緑を設けているあたりが上手ですね。エントランスアプローチもかなりしっかりとした奥行があります。

道路との間に塀や柵を設けていないため、空間的な広がりがあり、敷地面積や総戸数35戸という数字以上のスケールを感じることが出来るでしょう。

外観デザインに関しては、モノトーン調の落ち着いた色味、かつ、不規則にマリオンを施すなどの動きもあり悪くはありません。ただ、バルコニー手摺は縦格子手摺よりもガラス手摺の方が良かったような印象はありますかね。コストなどとの兼ね合いもあってのものでしょうか。

なお、この建物スケールですのでエントランスホールはこじんまりとしていますが、デザイン的には石調大判タイルをふんだんに用いておりデザインはそれなりです。

前回のオープンレジデンシア葛西

公式ホームページ
IMG_1648.jpg
お部屋は35㎡の1LDK、西向き中住戸です。西側道路の向かいは3階建の住宅が並んでおり、低層階では視界抜けは得られません。ただ、圧迫感はないですし、南西方向からの日照も得られる良好なポジションに違いはないでしょう。

間取りは物件内で最も小さなタイプで、ナロースパンゆえにLDが行灯部屋になった設計です。

けして珍しいタイプではないものの(特にオプレジでは頻繁に見かけます)、LDKとベッドルーム間の引き戸は2枚分しか開きませんし、オプレジらしい柱の食い込みからしてももう少し間取りをなんとかして欲しかった印象ではありますね。

駅徒歩6分とはいえ、非常に良好な環境面からすればこういった30㎡台を設ける必要はなかった気もしますし…。
※全戸西向きで”奥行”はほぼ一定なので、専有面積を大きくすると必然的にスパンが長くなります。

坪単価は374万円。先ほどのルーバルプランとほぼ同じ設定で、グロス価格が嵩まないコンパクトなりに強めの設定になっています。そのように"駅近"とまでは言えない距離感で、コンパクトニーズが旺盛とまでは言えないですし、むしろファミリータイプ向きの立地という印象ではあるので、微妙な間取りを鑑みてもコンパクトの単価はもう少し抑えて欲しかったですね。

設備仕様面は、小規模ですのでディスポーザーがないのは当然ですが、トイレ手洗いカウンターどころか食洗機すらもない最低限のシンプルなパフォーマンスになります。
エリア的なところもあるのでしょうが、駅徒歩6分の好立地ということでそこそこの単価帯になっているわけですし、もうちょっと…。

管理費は173円/㎡。ディスポーザーなしの外廊下ですが、総戸数35戸の小さなスケールを鑑みれば良心的な設定でしょう。

駐車場は身障者用を含む6台で全て平置になります。土地柄や敷地形状なども影響した結果ではあるのでしょうが、オプレジではかなり珍しいですね。

0 Comments



Post a comment