プレシス相模原レジデンス【16号沿いを感じさせない良好な南東向き】11階59㎡5,208万円(坪単価292万円)

プレシス相模原レジデンス。

所在地:神奈川県相模原市中央区相模原7-269-3他(地番)
交通:相模原駅徒歩8分
用途地域:近隣商業地域
階建、総戸数:14階建、131戸

サウナの聖地とも言われたJNファミリー跡地に誕生する物件で、駅からはさがみ夢大通りを一直線、16号にも面したポジションです。
ただ、16号の交差点に面した角にはドコモショップの入るビルが残りますので、モロに交差点に面した感じにはならないですし、敷地形状的に全戸南東向き(交差点には背を向ける感じで、16号に面しているのも角住戸のみ)で、南東方向の優れた視界もポイントになるでしょう。

相模原駅は近年も比較的スケールの大きな物件が供給されているため、とりわけ目立つことはないものの、こちらもプレシス相模原リベール同様にそこそこのスケールがあり、プレシス(一建設)の物件ではけして多くないスケール感を有しているあたりも魅力の1つでしょう。詳細は次記事で言及しますが、共用空間にも特色が窺える物件です。

買物便は、スーパーで言うと、徒歩3分にイオンフードスタイル、徒歩4分に三和(グッディプレイス)、徒歩8分にオーケー、ライフ(セレオ)、成城石井(イッツ)と、非常に充実しており、スーパーに限らず16号沿いゆえの利便性(16号沿いにはロードサイドのショップがたくさんあります)も小さくないポジションです。

また、通学区は清新小学校で徒歩9分の距離感になります。

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2024-3-24_10-46-10_No-00.png
お部屋は59㎡の3LDK、東角住戸です。敷地東端に位置しており、16号からもさがみ夢大通りからも内に入った良好なポジションです。南東側道路の向かいは複数棟(3階建。一部は建設中)のDroom相模原7丁目がありますが、中層階以上ならば影響はなく、この上層階は眺望面での魅力も高いですね。
そもそもの”全戸南東向き”自体が東南東に振れたているため、日照時間が短めなのは気にはなりますが、北東方向にも視界抜けが抜けますし、なかなかに気持ちの良いポジションでしょう。

間取りは60㎡にすら満たない狭小3LDKで、66㎡の南角住戸(反対側の角住戸)と比べても大分小さいですね。

プレシスシリーズでは50㎡台の3LDKは何ら珍しくはないのですが、こちらは角住戸なりに廊下による面積消費が大きいあたりも大いに気になりますね。
純粋な廊下はそこまで長くはないものの、LD入口付近にも実質的な廊下スペースが大き目に存在しており、50㎡台の3LDKとしてはかなり廊下が長い部類のプランです。

LD単体では10畳に満たないぐらいの大きさしかない上にこのような実質的な廊下が食い込んでいるため、純粋なLDはかなり小さく感じるでしょう。

角住戸なりに開口部及びバルコニーが充実しているのは魅力ですし、雁行設計を採用しつつ柱の食い込みを抑えているあたりには好感が持てるものの、如何せんこの面積帯、この廊下では手狭感は否めません。収納は最低限、浴室も1418ではなく1317になります。

坪単価は292万円。条件の良い上層階角住戸ということで物件内の上限に近い水準です。その66㎡の南角住戸よりも若干ながら強めの単価設定でもありますね(こちらは16号に面していないこと、面積が7㎡程度小さくグロスが嵩まないことを鑑みればむしろ差は小さいぐらいの印象ではある)。
また、30㎡そこそこのコンパクト1LDKは低層階でも坪単価300万円超という水準ですが、40㎡台以上に関しては概ね260~300万円の狭めのレンジに収まっており、物件平均は280万円程度になるでしょうか。

近年の相模原駅の供給事例としては、コンフォルシア相模原デュアル(2024年分譲/駅徒歩6分/平均250~260万円?※40~60㎡台のみのコンパクト)、サンリヤン相模原ステーションヴィラ(2021年分譲/駅徒歩5分/約190万円)があるのみ、2018年まで遡るとザ・パームス相模原パークブライティア(2018年分譲/駅徒歩5分/約175万円)、エクセレントシティ相模原ステーションアリーナ(2018年分譲/駅徒歩5分/約180万円)、ライフレビュー相模原(2018年分譲/駅徒歩12分/約180万円)があります。

直近のコンフォルシアのようなクセの強い立地ではないとはいえ、コンフォルシアよりも駅距離がありながらもしっかりと上回る水準になっており、プレシスらしからぬ強気な設定と感じますね。
2021年のサンリヤンは2018年頃に供給された物件との単価差が意外なほどに小さかったため(そのせいか売れ行きも良かった)、こちらの単価上昇が際立っているところもあるとは思いますが、視界良好とはいえ駅徒歩8分でこの水準はどうでしょうか。

相模原駅は北口の相模総合補給廠の再開発、小田急多摩線延伸構想などもある楽しみなエリアなのは確かですけど、70㎡前後であればこの単価水準は無理筋だったはずで、60㎡前後まで面積を絞ったことによる"ギリギリの高値追及"という印象にはなるでしょう。

0 Comments



Post a comment