センチュリー川口芝エアビスタ(川口7scenesPJ)【稀有なエントランスアプローチ×完全アウトフレーム】3階63㎡5,598万円(坪単価293万円)

続けて、センチュリー川口芝エアビスタ。

設計は谷口建築企画、施工は菊池建設、デザイン監修はカーサデザインコンサルタントです。

60~70㎡台のみ(ファミリータイプのみ)の72戸のスケールがあり、敷地面積も1,600㎡超あります。
特筆すべきはランドプランで、南方向の前建までの離隔がここまで図られた全戸南向きはなかなかないでしょう。

敷地形状はかなり歪で、若干の旗竿感(敷地の主要部分の幅に対し、間口が狭い)もありはするものの、無理なく全戸南向きが可能な敷地形状、さらに、道路との間に十分なスペースを確保出来たことで、南面条件が非常に優れたランドプランとなります。

南向き住戸の中でも東寄りの部分は道路との間に第三者所有地(戸建)を挟みますが、ほとんどの住戸は道路との間に当物件の豊かなエントランスアプローチと平置駐車場が広がっており、半永久的に良好な南面が担保されています(建物から前面道路の向かいの敷地までは約34mもの距離があります)。
南側道路の向かい(蕨市塚越)はこちらと同様の近隣商業地域ながら比較的低層の建物で構成されているため、中層階以上になると視界抜けも出てきますね。

また、当物件の大きな売りとなるのが、その豊かなエントランスアプローチで、ゆったりとした歩車分離を行っていてもそれぞれのスペース(歩行者アプローチ及び駐車場アプローチ)にかなりのゆとりが感じられますし、アプローチ沿いに並木(植栽)のある景観も素敵ですね。敷地が旗竿状になるマンションではこういった奥行あるアプローチが設けられるケースはわりとありますが、そういった中でもこのレベルのものはなかなかありません。

エントランスホール等にとりわけゆとりを感じることはないものの、非常に奥行あるエントランスアプローチ~風除室~エントランスホールという屋内外に渡る一連の迎賓空間という点ではかなりのインパクトがありますし、風除室の脇に小ぶりながらオーナーズラウンジがあるのも魅力の1つにはなるでしょう。

また、外観デザインに関してもガラス手摺を中心としつつも複数のバルコニー手摺、また、複数色のマリオンで縦のラインを際立たせるなどといった繊細さがあり、スケール以上の存在感を放つことが出来ていると思います。そのように南側に高い建物がないため、わりと遠くからでも目立つ物件になりそうです。

前回のセンチュリー川口芝エアビスタ

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2024-4-1_10-9-11_No-00.png
お部屋は63㎡の2LDK +S、南向き中住戸です。全戸南向きの東西に長めのフロアプランにおいて、中央やや西寄りに位置しています。そのように南側は当物件の平置駐輪場とエントランスアプローチが広がる低層階らしからぬ恵まれたポジションです。

間取りは物件内で最も小さいのですが、当物件の中住戸の主力となる大きさです(中住戸4タイプ中3タイプが63㎡)。

実質3LDKとしてはかなり面積を絞っている方で、昨今のマンション価格高騰下においてグロスを出来るだけ抑えよう(抑えることで販売単価をギリギリまで追求してしよう)という意図を少なからず感じてはしまうものの、やはり柱のアウトフレームが優秀で、完全アウトフレーム設計のため、一般的な63㎡に比べれば有効面積は大分大きいでしょう。

連窓サッシやウォールドアは採用されておらず、LD周りがやや地味に感じてしまうところはあるものの、やはり整形、かつ、効率的なプランで、その設計には好感が待てますね。

坪単価は293万円。全体的に角住戸と中住戸の単価差が小さな物件で、中住戸はそのように63㎡の小さなファミリータイプが多く、グロスの嵩みが抑えられていることが考慮された単価設定でしょう。
中住戸が70㎡前後だったとしたらこの単価設定は難しかったようには思いますが、この面積帯、かつ、完全アウトフレームの高効率性を鑑みればこのご時世やむなしな水準でしょうか。

設備仕様面では、ディスポーザー付は意外でした。ファミリータイプ中心の総戸数72戸ではありますが、スケールが大きいというほどではないですし、価格帯的に言っても付けないデベロッパーの方が多いでしょう。
食洗機、フィオレストーンのキッチン天板、浴室のフラットラインLED照明も備わるなど、単価帯のわりに充実していますね。

管理費は243円/㎡。外廊下ですが、総戸数72戸でディスポーザーが備わっての水準なので抑えられている方でしょう。昨今のインフレ下においては良心的な水準だと思います。

駐車場は全30台で、内訳は身障者用を含む9台が平置、21台が機械式になります。

0 Comments



Post a comment