プレイズ北千住【デザイン・ランドプランへの拘り】65㎡4,233万円(坪単価214万円)

続けて、プレイズ北千住。

設計・施工は長谷工で直床です。
長谷工を起用する物件にしては若干スケールが小ぶりではあるのですが、前回の記事で書いたようにプレイズシリーズは千葉や埼玉を主戦場としているようで近年長谷工とのつながりが深くなっているので、自然な起用と言って良いでしょう。

こういったノンタワマンに大きなコーナーサッシが採用されること自体が意味のあることですし、やはり前回の記事で述べたように窓のある玄関周りの設計も近年長谷工設計・施工の物件でよく見かける魅力あるものですので、当物件は長谷工を起用したからこそ実現した差別化要素の少なくない物件と言えるでしょうね。

敷地面積は約1,400㎡なのでけして大きなものではないのですが、墨堤通りからしっかりと奥まった位置にエントランスが設けられたことで奥行のあるエントランスアプローチが実現していますし、そのエントランスの奥にはプライベートガーデンに面したラウンジが施されている点も上手ですね。

外観はそのコーナーサッシが透明感と高級感を演出してくれているのですが、単なるコーナーサッシではなく、梁に覆いかぶせるようにサッシを施しているのが秀逸であり当物件の最大のポイントと言っても過言ではないでしょう。

室内からの眺望に関しての差はありませんが、梁のところまでサッシとするかしないかで外観から受ける印象は全く異なるものになりますし、この拘りは非常に価値のあるものですね。

外観デザインが、やはり長谷工設計・施工のプレイズ春日部とあまりに酷似し過ぎており若干の使いまわし感があるのは否定しませんが、スケールは違えど一時期目立った住友不動産のシティタワーのガラスウォールのようにこの透明感のあるデザインをこのブランドの武器にしていくのかもしれませんね。

前回のプレイズ北千住

公式ホームページ
IMG_4496[1]
お部屋は65㎡の3LDK、南西向き中住戸です。南西方向は接道しておらず、前建の影響がありますが、当プランは西角住戸の隣の中住戸で敷地西寄りに位置しているので、敷地端までわりと距離があり低層階でも圧迫感はなく日照も問題なく得ることが出来るでしょう。
眼下は当物件の駐車場が広がる感じになりますね。

間取りとしては、中小デベ物件らしい狭小感のある3LDKで、共用廊下側のガッツリな柱の食い込みはやはり気になりますが(狭小プランほど効率性が重視されるので、一般的に柱にもっと配慮のあるものが多い)、やはり玄関窓があるのは良い点ですし、それ以外には特段違和感のないものになります。

廊下は一般的な長さながらも洗面浴室がノンリビングインとなったプランで、何気に「この面積帯の3LDKでのノンリビングイン」は結構珍しいですね。

連窓サッシこそ導入されていませんが、洋室3にはウォールドアが施されていますし、10畳超を確保したLDなど65㎡なりに纏まっているプランと言えるでしょう。

坪単価は214万円。低層階でも日照の得られるポジションですし、駅も徒歩圏と言える距離感ですので中小デベロッパー物件なりに価格面での頑張りが窺えるものと言えると思います。

共用廊下側の柱の食い込みによる面積消費は残念ではありますが、単に価格で勝負した物件ということはなく、前述のようにランドプランやデザイン面への拘りがある点からしても悪くないと思います。

設備仕様面は、ディスポーザーはありませんし、価格帯的に水回りの天然石天板仕様やトイレ手洗いカウンターなど高級感のあるものも見当たりませんが、食洗機、良水工房などはついています。

管理費は213円/㎡。外廊下、かつ、ディスポーザーなしで総戸数78戸というそこそこのスケール感があることを考えるとけして安くはありませんが、一般的な範疇ではあるでしょう。

なお、給湯器リース料が月2,200円/㎡かかるのは残念ですね。最近だとパークホームズ横浜本郷台リバーサイドヴィラなどもそうでしたが、長谷工が携わる物件ではリースになっているものがたまにありコスト削減以外の何物でもありません…。
※ブログ内検索で「給湯器リース料」と入れていただくとそういう物件がいくつか出てきます。

駐車場は全23台で、身障者用を含む5台が平置、残りの18台が機械式になっています。

1 Comments

-  

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2019/03/01 (Fri) 20:06 | REPLY |   


Post a comment