ザ・パークハウス大宮吉敷町【好デザイン×好ランドスケープ】68㎡4,748万円(坪単価231万円)

続けて、ザ・パークハウス大宮吉敷町。

設計・施工は川口土木建築工業ですが、デザイン監修にインタープランデザインセンター、造園計画にはサカタのタネグリーンサービスを起用するなど随所に価格帯なりの高級感を意識している様子が窺える物件になります。

敷地面積1,500㎡弱、総戸数66戸というスケールはけして大きなものとは言えませんが、南西頂点部にあるエントランスの手前には参道との調和を図る緑豊かなスペースが施されており、また、石畳をイメージしたというアプローチもセンスの良さが光っています。
ザ・パークハウス大宮氷川参道のアプローチもかなり素敵で特長のあるものでしたが、こちらはさらに価格が高い時期に分譲されるものということもあるのかより力を入れていると感じます。

また、もう1つの特長と言えるのが東西の側壁に石状吹付タイルを用いた外観デザインで、こちらもセンスの良さが際立っています。

南面の木格子をイメージしたという細やかなバルコニー手摺との相性も良いですし、偶数階と奇数階とでバルコニー戸境のマリオンの位置を変えているあたりも絶妙と感じます。

こういった特殊なマテリアルを採用した物件のケースにおいては、モデルルームには同種の素材が展示されてはいても実物が完成し実際のスケールで少し引いた位置から眺めるのとではまたイメージが違ってきたりもするので、そういった面での不確定要素もなくはないのですが、実物への期待が高まる素敵なデザインと言えるでしょうね。

インタープランデザインセンターはザ・パークハウスシリーズでの実績が非常に豊富な会社で、ザ・パークハウス中野富士見町ザ・パークハウス鎌倉大船など素敵な物件を数多く供給しているので驚きこそないのですが、どこかの物件で見たことがあるような使いまわし感のあるデザインではなく「目新しさのあるデザイン」を生み出しているあたりに余計に凄みを感じます。

公式ホームページ
IMG_4495[1]
お部屋は68㎡の3LDK、南向き中住戸です。低層階ですが、南西角住戸の東隣りに位置した敷地西寄りの南向き住戸になるので、道路位置的にちょうど南側正面方向がライオンズグローベルのあたりまで抜けており、低層階でも圧迫感のないポジションになります。日照も結構得られるでしょう。
また、低層階ゆえに敷地内の植栽が望めるという点も魅力の1つになってくるでしょうね。

間取りとしては、物件内では最も小さなものでこのご時世なりの小ぶりな3LDKになります。

ただ、やはり柱のアウトフレームに力を入れたプランですし、玄関が共用廊下からしっかりと窪んだ位置に設計されているので、廊下も短めで効率面での魅力の高いものになります。

洋室3の引き戸は大きく開け放つことの出来るものになっているので、開くことで違和感少なく2LDK的に使うことも出来ますし、連窓サッシが施された南面開口部も〇です。

洋室3側の開口部幅は短めですが、その分LDの開口部幅が一般的な田の字中住戸以上に確保されており、引き戸を閉めたLD単体でも採光面での魅力は少なくありませんね。

小ぶりな3LDKながら洗面所がノンリビングインとなっているのも1つの特徴と言えるでしょうか。

坪単価は231万円。低層階でも前述のように南面条件の悪くないポジションですので、グロスで4,000万円台となる3LDKのニーズは少なくないように思います。

当物件は第1期で54戸の供給を行っており、進捗率で8割を超えていますのでマンションの売れ行きが芳しくないこのご時世においてはかなり好調なスタートと言えますね(ほどなくして先着順で6戸となっていましたので、48戸が即契約済ということでしょうか)。

シントシティは超大規模物件ゆえに広域から集客する必要があり、当物件はそのおこぼれ的なものをもらいやすい立ち位置であるのは否定しませんが(あくまでスケール的な話。当物件がシントシティよりも劣っていると言ったような意味は微塵もありません)、デザイン面などへの工夫も少なからず結果として表れている気がしますね。

それぐらいの特長あるデザイン・ランドプランと感じる物件です。

設備仕様面は、水回りの天然石天板仕様はありませんが、ディスポーザー、食洗機、トイレ手洗いカウンターなど違和感のないものになっています。

管理費は173円/㎡。外廊下ですが、ディスポーザー付でのこの水準は非常に魅力的ですね。総戸数80戸を超えるぐらいになるとエレベーターを2基設ける必要なども出てくるわけで、当物件は総戸数66戸という程よいスケールが影響した結果と言えるのかもしれませんが、そうであってもこの水準はリーズナブルな印象があります。

駐車場は全33台で身障者用・1階住戸専用駐車場2台を含む12台が平置で、残りの21台が機械式になります(他来客用1台)。3分の1程度を平置に出来ているのも管理費に好影響を与えているかとは思いますが、やはりそれでも目に優しい水準と感じます。

0 Comments



Post a comment