ジオ茅ヶ崎フレシア【大分目に優しいお値段に】3階70㎡3,790万円(坪単価179万円)

ジオ茅ヶ崎フレシア。

茅ヶ崎駅徒歩6分の7階建総戸数136戸のマンションです。

完成から早2年経ちますが、未だ完売に至らないため、大々的に値引きが行われかなり目に優しい価格帯になっていますね。まだ一度も取り上げていなかったので取り上げてみましょう。

値引きはおよそ15%ぐらいで、向きや階数にもよりますが、坪単価200万円未満のお部屋も多くなっているようです。

立地は駅北東部の線路沿いで駅距離も特段近いポジションではないので、近年、グレーシア茅ヶ崎、リストレジデンス茅ヶ崎、グラディス茅ヶ崎クリオ茅ヶ崎サザンマークスなどの駅近物件が次々と供給されている茅ヶ崎界隈では立地的なインパクトで劣るところはあるのでしょうが、茅ヶ崎駅界隈でスケールのある物件と言うとザ・パークハウス茅ヶ崎程度のもので、当物件は敷地面積約5,000㎡という点に少なからず魅力を感じることが出来ますね。

販売時期的に高額となったこともあり販売に支障を来してしまいましたが、常々言っているように全てがいいように整ったマンションなどそうは存在せず、究極的に言えば「価格とのバランスが全て」ですので価格次第で物件の評価が大きく変わることも珍しくないですね。

設計は安宅設計、施工は不二建設で、直床になります。

そういう意味で、もともとのお値段での直床は少々残念な思いがありましたが、この水準なら違和感はないでしょう。最近は坪単価250万円超でも直床を採用する物件が目立ってきましたのでフカフカの感触が気にならず将来的に大規模なリフォームなどを予定していない方ならば特段気にする必要はないでしょうね。

また、注目すべきはその大きな敷地を活かしたランドプランとデザインです。

空地の多くは駐車場という感じではありますが、素敵な木目調天井のキャノピーのあるグランドエントランスは物件の顔として十分と言える素敵なものですし、ガラス手すりとブラックの縦格子手すりを使った外観も当初の高額な価格帯を少なからず意識した好デザインだと思います。

公式ホームページ
IMG_4805[1]
お部屋はコンフォートテラスの70㎡の3LDK、南東向き中住戸です。線路の影響が強いポジションにはなりますが、その分、日照と視界抜けが得られるというメリットもあります。

東南東に近い南東向きで日照時間はどうしても短くはなってしまいますが、もともと線路の影響を加味したお値段設定になっていましたし、日照だけでなく視界抜けまで得られるお部屋としてはかなり目に優しい水準になっています。

むろん二重サッシが採用されていますし、完成済ゆえに線路の音を実際にお部屋で体感できるのも非常に心強い材料でしょうね。

間取りとしてはオーソドックスな田の字ベースの横長リビングプランになりますので多く語るほどのことはないのですが、共用廊下側の柱もきれいにアウトフレーム化されているのはやはり魅力的ですし、洗面所がわりとゆとりある設計になっているのも良い材料でしょうか。

田の字ベースのプランでこのような形の洗面所って珍しいですね。

ちなみに、当住戸のバルコニー手摺はガラスタイプになります。

坪単価は179万円。前述のように線路沿いであるのに加え、かなり値引きも入っているので目に優しい水準です。2012 年のザ・パークハウス茅ヶ崎の時代に比べればまだ高いですが、2014〜2015年の水準に近づいた感じでしょうか。

なお、こういった築1年以上が経過した物件を検討するにあたって注意すべきは、品確法の瑕疵担保責任があります。
パークホームズ浅草寿の記事で言及しておりますので気になる方はご覧ください。

設備仕様面は、スケールを活かしディスポーザーを搭載することが出来ていますし、食洗機もついています。水回りの天然石天板仕様やトイレ手洗いカウンターはありませんが、この単価水準であれば全く違和感はありません。
上述のようにエリア内はスケールの大きな物件が少なくディスポーザー設置率が低いのでディスポーザー好きにはより魅力の高い物件ということにもなるでしょう。

管理費は139円/㎡。ディスポーザー付でのこの単価ですのでこちらもスケールが活きていると言えるでしょう。

駐車場は全91台で身障者用を含む4台のみが平置、残りの87台が機械式になります。

0 Comments



Post a comment