オープンレジデンシア代々木公園【こちらも大使館横の落ち着き】2階75㎡9,788万円(坪単価434万円)

オープンレジデンシア代々木公園。

代々木八幡駅徒歩6分、代々木公園駅徒歩7分の地上4階建総戸数38戸のマンションです。

代々木5丁目のブルガリア大使館の南側に位置した物件になります。
オマーン大使館を挟み撃ちしたオープンレジデンシア広尾ザ・ハウスのようなスケール感こそありませんが、敷地面積は1,000㎡超とオプレジにしては大きめの物件で、大使館隣接地なりの落ち着きのあるポジションになりますね。

敷地西側が一段高いグラウンドレベルにあり、崖下感があるのも広尾と同様で、当物件はさらに東側には屏風のようにレジデンシャルアート代々木公園があるので、かなり囲まれ感のあるポジションにはなりますが、代々木公園まで徒歩4分という代々木公園好きにはたまらない緑に寄り添った物件です。

公式ホームページ
IMG_4725[1]
お部屋は75㎡の3LDK、北西角住戸です。北には当物件と同じぐらいの高さのブルガリア大使館がありますし、西側は上述のように崖上で、マンションも立っていますので囲まれ感が少なくないポジションです。

間取りとしては、囲まれ感が強いわりに意外にも開口部がしっかりした印象のあるもので視線が気になることはあるかもしれませんが、採光面は問題なさそうです。

最大のポイントは、LDKの外側にベッドルーム2を配置したことで廊下をかなり効率的に出来ている点でしょうか。

LDがこの位置でも北側と西側に開口部を設計出来ていますし、75㎡の3LDKとしてバランスの取れたプランという印象です。

効率性も上々ですし、玄関周りに空間的な広がりが得られている点も〇ですね。

ベッドルーム2はこの位置ならばLDとつなげて使うことも出来るようなウォールドアなどで仕切られていた方が良かったような印象もありますが、LDKで16.6畳としっかりとした畳数が確保出来ているので悪くないと思います。

収納は若干少なめですが、大きな違和感のある水準ではないでしょう。

坪単価は434万円。昨年近隣で分譲されたプレミスト代々木公園パークフロント(平均坪単価約675万円)、ジオグランデ代々木の杜(平均坪単価約650万円)に比べると大分こなれた水準ではありますが、この物件には代々木公園が望めるなどと言ったようなスペシャルなお部屋はありませんし、まして当住戸はかなり囲まれ感の強いポジションですので特に安いとは感じません。

プレミスト代々木公園パークフロントの低層階(パークフロント側ではない)よりも幾分安くはなっていますが、囲まれ感に加えブランド感に欠ける点なども考慮するとこのぐらいの水準がごくごく妥当でしょうね。

0 Comments



Post a comment