プレシス大井町パークフロント【気の利いたバルコニー設計】3階43㎡4,350万円(坪単価336万円)

続けて、プレシス大井町パークフロント。

設計は西尾建築設計、施工は今井産業です。

40~50㎡台ばかりで構成された総戸数42戸というスケールですので共用部に空間的な魅力は感じづらいのですが、前回の記事で書いたように大井中央公園のパークフロントとなる南西角地なので敷地周囲の開放感は高いですし、外観デザインに工夫が施されている点にも好感が持てますね。

先ほどの角住戸のコの字サッシなど大井中央公園から目立つ位置に印象的な開口部を設計したことで存在感のある仕上がりになっていますし、あまりデザイン面に力を入れることのないプレシスシリーズの中ではかなり洗練された印象のあるものです。

共用廊下は内廊下になっていますし、高単価であることを少なからず意識している様子が窺えますね。

前回のプレシス大井町パークフロント

公式ホームページ
IMG_4715[1]
お部屋は43㎡の1LDK+S、西北東の三方角住戸です。西側道路の向かいには8階建のトーカンマンション大井町があるので、低層階だと圧迫感はありますが、見ての通りバルコニー周りに工夫が感じられる設計になっているのでけして悪くないでしょう。

南西方向が大井中央公園ですし、この感じならば南西方向からの日照もそこそこには入ってくるはずです。

間取りとしては実質的には2LDKであり、いわゆる狭小2LDKにはなるのですが、先ほどの54㎡の3LDKに比べれば一般的なプランと言えるでしょう。

50㎡台前半の3LDKはプレシスシリーズやナイスの物件などでないとなかなか見かけることはありませんが、近年、狭小2LDKは都心部を中心にかなり増えてきておりエクセレントシティ目白ライオンズ東京三ノ輪ミレスの40~41㎡などこれよりもさらに小さな2LDKすら存在しています。

こちらは先ほどのプランよりも柱の食い込みが目立ち、絶対的に面積が小さいことからしてもさらに効率性に力を入れて欲しかったという思いもなくはないのですが、やはり玄関廊下はコンパクトに出来ており収納や居室畳数も専有面積のわりに確保出来ているという点は悪くないでしょう。

また、この廊下の長さでサービスルームがノンリビングインに出来ているのは良い点ですし、LDKに手狭感はあるもののゆとりある洗面所も魅力の1つと言えるでしょう。

この大きな洗面所を活かして洋室2から洗面所に直接入れる動線を確保しても良かったかもしれませんね。

坪単価は336万円。グロスが嵩まないこの面積帯でのこの単価はこのご時世にしてはこなれている方だと思います。

洋室2の引き戸がウォールドアのように完全に開け放つことが出来る設計になっていて欲しかったとは思いますが、大手物件ではなかなか難しい中小デベ物件ならではの単価水準ではないでしょうか。

設備仕様面は、小規模のためディスポーザーはありませんが、食洗機、水回りの天然石天板仕様、トイレ手洗いカウンターなど違和感のないものになっています。

管理費は297円/㎡。ディスポーザーはありませんが、内廊下を採用した小規模物件ですので悪くないでしょう。

駐車場は軽自動車用、身障者用を含む全4台でいずれも平置になります。

0 Comments



Post a comment