リビオ四谷【住戸プランは微妙だがランドプランは絶妙】4階55㎡6,178万円(坪単価373万円)

続けて、リビオ四谷。

設計は自由建築設計事務所、施工は熊谷組、そしてデザイン監修は南條設計室になります。

リビオレゾン上野リビオレゾン西日暮里に続く南條設計室の起用で、当物件はコンパクトプラン中心の「レゾン」ではないことでさらに南條設計室らしさが出ているように思います。

外観に関してはそこまで特徴のあるものではなく、「価格帯になりにそこそこの高級感のあるもの」という印象でしかないのですが、北東角地であることを活かした道路周り及びエントランス周りの設計はかなり見所がありますね。

道路沿いにはザ・パークハウス四谷若葉に続くインターロッキングの歩道が施されることで、空間的な広がりが得られますし、歩道沿いにふんだんに設けられる植栽も素敵です。

エントランスラウンジの壁には石積みが施されますし、お値段(3LDKのグロスが7,000万円台中心)からすると相応以上の高級感を演出できていると思います。

四ツ谷駅からの距離に大差のない津の守坂近辺のジオ四谷荒木町ジオ四谷三栄町には及ばない印象ですが、あちらは平均坪単価450万円前後とお値段がかなり違いますからね…。

なお、ゼネコンも準大手としてネームバリューのある熊谷組が起用されているのは嬉しい点ですね。昨今の大手準大手はタワマンなどでないとなかなか名前を聞くことがなくなっていますが、パークホームズ四谷ザ・レジデンスもそうでしたし、熊谷組は小規模マンションにも比較的前向きなのでしょうか。

前回のリビオ四谷

公式ホームページ
IMG_4717[1]
お部屋は55㎡の2LDK、北西角住戸です。北側・西側共に前建が低層建物になりますので、この階でも多少の視界抜けを得ることが出来る悪くないポジションになります。

間取りとしては、50㎡台中盤のオーソドックスな大きさの2LDKで、LD単体で10.5畳確保されているのは1つの長所と言えるでしょう。

ただ、角住戸ということで廊下がやや長くなっており、その影響か収納が少なめなのは1つ気になる点になるでしょうね。

また、洗面所もやはり狭いですし、角住戸ながら開口部に物足りなさがある点、柱の食い込みが顕著である点も先ほどのプランと同じで、間取りパフォーマンスはやはり芳しいものではありません。

坪単価は373万円。日照はあまり期待出来ませんが、低層階でも前建の影響の少ないポジションですし、このご時世としてまずまずの水準ではあるでしょう。

グロスが嵩まないことも影響してか先ほどの3LDKよりも単価は高くなっていますし、2LDKのグロスとして特段安い水準とは思いませんが、赤坂御用地、神宮外苑、新宿御苑に囲まれた都心立地でのこの単価は昨今の新築マンションとしてはわりと貴重な水準と言うことにはなってくると思います。

設備仕様面は、ディスポーザーがないのは大きめのお部屋にとっては特に残念ですが、食洗機、水回りの天然石天板、トイレ手洗いカウンターなどそれ以外は違和感のないものになっています。

管理費は295円/㎡。外廊下、かつ、ディスポーザーなしですが、スケールのある物件ではないですし、許容範囲内でしょう。

駐車場は身障者用を含む全7台でいずれも平置です。台数は多くありませんが全台平置というのは魅力ですね。

0 Comments



Post a comment