クレヴィア日本橋浜町公園【L字ウォールドアによる開放感】2階55㎡6,250万円(坪単価374万円)

続けて、クレヴィア日本橋浜町公園。

設計はエル設計事務所、施工は大末建設、そしてデザイン監修はお馴染みレーモンド設計事務所になります。

ゼネコンこそ違いますが、エル設計事務所×レーモンド設計事務所の組み合わせは先行物件クレヴィア日本橋浜町と同じですね。

日本橋浜町のように江戸小紋の紋様をモチーフとしたタイルなどは用いられていませんが、「黒塀」をモチーフにしたという基壇部の造りだけでなく中上層部にも複数のマテリアルを用いることで全体的に特徴を感じるデザインになっているのは流石と言ったところでしょうか。

日本橋浜町に比べると1.5倍ぐらいのスケールのある物件にはなるのでもう少しエントランス周りに空間的な豊かさや特長的なデザインが採用されていると良かったような印象があるのも事実ですが、この界隈の物件らしく敷地面積は630㎡ほどしかありませんし、1階部分には事業協力者店舗が入るなどの関係もありますので、そのようなワンランク上のゆとりを設けるのは難しかったでしょうね。

前回のクレヴィア日本橋浜町公園

公式ホームページ
IMG_4707[1]
お部屋は55㎡の2LDK、南西向き中住戸です。南西は接道してはいますが、道路の向かいには同じような高さのマンションなどが多くなっているので低層階では日照が得にくいですし、少々圧迫感もあるポジションになります。

ただ、敷地北西寄りの中住戸になりますので、金座通りからはかなり奥まった位置にあり、駅近ながら落ち着いた環境という点は1つの長所ということにはなってくると思います。

間取りとしては、40~70㎡台がプランニングされた物件内で中ほどの面積帯のものになります。

55㎡のわりには奥行(玄関からバルコニーまでの距離)のあるプランで、必然的にスパンが短めではあるのですが、L字サッシも導入するなどした結果開口部は比較的充実している印象があります。

柱・梁を半分程度空中に出すことが出来ているので逆梁カウンターの室内側への食い込みもほとんどないですし、悪くない設計ですね。

洋室2は行灯部屋ですが、直角に曲がりながら収納できるウォールドアを採用しているので扉を開け放つことで広々1LDKとして違和感少なく利用することも可能ですし、何気に結構特長豊かなプランになっています。

奥行がある分、廊下が長めなのは気になる材料の1つですが、居室畳数や収納からはその様子を感じることはありませんし、間取りが難しくなりがちな奥行のあるプランを上手に纏めている印象がありますね。

LD単体だと入口付近のデッドスペースがかなり大きい点は気になるところではありますが、ウォールドアを開いて使った場合にはその点も解消されます。

坪単価は374万円。同時期分譲となった日本橋浜町ダイヤレジデンスの同じぐらいの面積帯の低層階中住戸とほぼ同じ水準です。

あちらは中住戸のプランニングがかなり地味でしたので、プラン面とのバランスはこちらの方が優れているでしょうね。

設備仕様面は、ディスポーザーはありませんが、食洗機、ミストサウナ、フィオレストーンのキッチン天板、トイレ手洗いカウンターなどそれ以外は違和感のないものになっています。

管理費は249円/㎡。外廊下、かつ、ディスポーザーなしにしては高めですが、総戸数62戸とは言え40~50㎡台も少なくないスケールからすると大きな違和感のない水準ということになるでしょう。

駐車場は全12台で身障者用平置1台を除いた11台が機械式になります。40~50㎡台が結構あり3LDKファミリータイプが3分の1程度しかない物件なので、そのわりには駐車場が設けられている印象ですね。

0 Comments



Post a comment