リビオ錦糸町【初の「niko and...」デザイン】3階55㎡4,338万円(坪単価260万円)

続けて、リビオ錦糸町。

設計は啓建築設計、施工はアイサワ工業です。

当物件の最大の特徴と言っても過言ではないのが分譲マンションでは初となる「niko and…」によるデザイン協力ですね。

デザイン監修自体は、リビオ荻窪レジデンスリビオ両国ザ・レジデンスなどの実績もあるカーサデザインコンサルタントが行っているのですが、そこにniko and…が加わることでエントランスホール内はもちろんのこと、外観にまでちょっとお洒落な雰囲気を演出することが出来ています。

複数のガラス手摺を使い分けた外観(西面)も面白いですが、三つ目通り沿い歩道に寄り添うように施された花壇のようなグリーン(春にはピンクやホワイトの花々に?)がこの物件の特徴をよく表しているのではないでしょうか。

目の前の歩道はインターロッキング敷ということもあり歩道沿いの空間は良い雰囲気になりそうですね。

前回のリビオ錦糸町

公式ホームページ
IMG_5070[1]
お部屋は55㎡の2LDK、西向き中住戸です。西は三つ目通りになりますので前建までの距離はしっかりと確保出来ていますが、向かいには11階建のシャリエ錦糸町石原があります。

ただ、低層階でも南西方向からの日照が得られるであろうポジションにはなりますね。

間取りとしては、55㎡という一般的な大きさの2LDKですし、居室配置的にも非常にオーソドックスなものと言えます。

洋室2の引き戸は完全に開け放つことの出来るものにはなっていないですし、西面開口部が連窓サッシになっていない点も残念ではあるのですが、一方で、玄関はほどよいクランク設計が採用されておりプライバシー面への配慮がなされているのは1つの特徴でしょうね。

坪単価は260万円。前回の記事で書いたように駅距離のある借地権物件であることを考えるともう少し価格面でのインパクトが欲しかったという印象にはなってきますが、だからこそデザインに特長を持たせている(カバーしている)というのもあるかもしれませんね。

設備仕様面は、ディスポーザーはありませんし、水回りの天然石天板仕様もありませんが、スケール・価格帯的に違和感はありませんし、食洗機に加え、ミストサウナ、トイレ手洗いカウンターもついているので悪くないでしょう。

管理費は279円/㎡。ディスポーザーなしの外廊下にしては安くはありませんが、コンパクトなものだと30㎡台前半から存在している総戸数49戸ですので違和感はないでしょう。

地代(更新料積立金含む)が132円/㎡と控えめな水準ですし、借地権物件の中ではランニングがそれほど嵩んでいない方ということにはなってくると思います。
むろん土地の固定資産税は支払う必要はないわけですしね。

駐車場は身障者用を含む全5台でいずれも平置になります。

0 Comments



Post a comment