リシャール川崎ザ・ウエスト【上層階は坪単価約430万円…】2階31㎡3,198万円(坪単価342万円)

リシャール川崎ザ・ウエスト。

川崎駅徒歩8分、京急川崎駅徒歩13分の9階建総戸数32戸のマンションです。

南幸町2丁目の市電通りから1本入ったポジションに位置する物件で、交通・買物利便性抜群の川崎駅徒歩10分圏内となるエリアですが、近年はザ・パークハウス川崎、グランドガーラ川崎西口、クリオラベルヴィ川崎南幸町など、コンパクト~ファミリータイプに至るまで比較的供給が旺盛ですね。

当物件は総戸数32戸「全てが約31㎡」というかなり珍しいもので、いわゆるワンルーム投資マンションでもファミリー向けマンションのどちらでもないというのが最大の特徴となってくるでしょうか。

前出のクリオラベルヴィは30~40㎡台中心の物件でしたが、ここはさらに面積をワンルームに近づけつつも1LDKを維持しておりこのご時世らしい狭小感の強いものになります。

設計はアースティー、施工は風越建設です。

木目調のデザインを採用したエントランス周りなど基壇部には特色のあるマテリアルを採用してはいますが、小規模物件ということもありとりわけ強調できるような点や出色の高級感があるわけではありません。

公式ホームページ
IMG_5116[1]
お部屋は31㎡の1LDK、北・西・東の三方角住戸です。北西側には5階建のマンションがありますし、2階では視界抜けなどは得られませんが、北側は戸建などの低層建物が広がったエリアになりますので、低層階でも圧迫感はありません。

間取りとしては、イレギュラーなポジションなりの三方角住戸という点が最大の特徴になるでしょう。

当物件は1フロア4戸なのですが、当プラン以外の3戸は南向きで、南面を3戸で分け合う形になっているので、戸あたりのスパンは非常に一般的、かつ、プラン的にもごくごくオーソドックスな印象のものになっています。

このプランは三方に開口部が設計されてはいるものの、1つ1つの開口部はけして大きなものではなくノン南向きなのであれば採光豊かなワイドな開口部を施すなどさらなる工夫があって欲しかったとは思うのですが、完全にアウトフレーム化されている点は魅力でしょうね。

このようなコンパクトプラン中心の物件、まして、このようなイレギュラーな位置の三方角住戸プランの柱がこんなにきれいにアウトフレーム化されているというのは非常に稀なことですし、面積の小さなコンパクトプランだからこそ柱のアウトフレーム化による効果はより大きなものと言えます。

洋室は3畳と小さいのですが、このようなきれいな形状、かつ、引き戸設計であれば使い勝手は様々でしょうし、効率性を重視した好感の持てるプランですね。

坪単価は342万円。上層階の南向き住戸は坪単価430万円ほどの水準にまでなりますので低層階でノン南向きなりの単価差はついているようです。

ただ、クリオラベルヴィの30㎡台の低層階は坪単価320万円ほどとこれよりもかなり安かったですし分譲時期的にも今とマンション価格にそう差のない2016年秋でしたのでここは全体的に強気な設定と感じますね…。

設備仕様面は、小規模コンパクト物件のため当然ディスポーザーはありませんし、水回りの天然石天板仕様などもありませんが、トイレ手洗い器はついています。

管理費は340円/㎡。外廊下、かつ、ディスポーザーなしですが、小規模であることが影響してか高めの水準になっています。

ちなみに駐車場はありません。ただ、この立地条件及びプランニングであれば問題ないでしょう。

0 Comments



Post a comment