ザ・パークハウスグラン南青山四丁目【表には出てきませんでした…】1階131㎡29,600万円(坪単価748万円)

ザ・パークハウスグラン南青山四丁目。

表参道駅徒歩8分の7階建総戸数36戸のマンションです。

平成30年11月築の未入居物件なので「新築」枠で取り上げていますが、デベロッパーの手を既に離れている物件になります。

当物件は建築計画発表時点で認識していたので分譲としてリリースされるのを楽しみにしていたのですが、一般には公開されることなく「広義の事業協力者」を相手に全て売れてしまったようですね。
当物件はあの世間を賑わせたザ・パークハウスグラン南青山高樹町からもわりと近いですし、多大な迷惑をこうむった契約者もたくさんいたのでそのあたりとの兼ね合いもあったのではないしょうか…。
※ちなみに、三菱地所レジデンスは現在、ザ・パークハウス吉祥寺(吉祥寺本町三丁目プロジェクト。総戸数28戸で事業協力者住戸を除いた販売住戸は15戸だけ)を表沙汰にせずに分譲中です。

なお、ポジションとしては、その名の通り南青山4丁目の美術館通りの西側で駅から程よく離れた落ち着きのあるところです。
もちろん通学区の小学校は青南小学校ですし、南東・南西の角地ということで開放感もありますね。

設計・施工は銭高組になります。
総戸数36戸の物件ではありますが、「グラン」らしく100㎡超のプランが少なくない物件で、敷地面積約1,750㎡、延床面積7,000㎡弱というそこそこのスケールがあります。

そのため、エントランス前にはしっかりと車寄せが設けられていますし、コンシェルジュサービスや24時間有人管理を実現するなどグランシリーズならではの設計・サービスが実現しています。

ただ、デザインに関しては「やっぱりグランは凄い」とまで感じる部分はなく、この単価帯ともなるともうワンランク上の何かが見たかったという思いはやはり湧いてきますね。

「一般向け」に超高価格帯で分譲するのであればさらに見映えするもの分かりやすいものを目指す必要があったような気もしますがそうではないので…。

IMG_5141[1]
お部屋は130㎡超の3LDK、南角住戸です。1階住戸なので前面道路のプライバシー面との兼ね合いがありますが、道路との間にはしっかりと植栽が施されますのでその心配はなさそうです。1階住戸ながら日照も得られるなかなかのポジションですね。

間取りとしては、130㎡超という豊かな面積ゆえにLD単体で22畳超が確保された優雅なものになります。

柱の食い込みが結構目立っており、特にLDやキッチンの柱はなんとかして欲しかったと思うのですが、外観をご覧いただくとお分かりのようにLD内に食い込んだ柱の外側にはガラスが貼られており、外から見るとガラスが連続した形になっているのはデザイン的に評価出来る点になるでしょう。

なお、都心部では室内に洗濯物を干す方が主流だと思いますのであまり関係ないのかもしれませんが、専用庭どころかテラス部分ですらかなり小さくなってしまっているという点は少々残念ですね。

坪単価は748万円。低層階というのもありますが、現状の売物件の中ではこれでもこなれた水準ですね。上記のような事情があるためか、総戸数のわりに売りに出ている部屋が多いです。

設備仕様は、ディスポーザー、食洗機(ミーレ)、大きなトイレ手洗いカウンターなどはもちろんのこと、ビルトインエアコン、床暖房(LDだけでなく、キッチン、洋室2室)、大理石貼のLD床、そして全熱交換器も搭載するなどグランなりの高仕様になっています。

管理費は814円/㎡。当然内廊下、かつ、ディスポーザー付ですし、コンシェルジュサービスや24時間有人管理を実現しているとは言えなかなかに高い…。

昨年の管理費ランキング1位も三菱のザ・パークハウス渋谷南平台でしたし、最近の三菱物件はなかなかに高いですね。
ここはスケール的にあまり大きくないことも影響していると思いますが…。

駐車場は地下の全29台でうち平置が12台分あるのも「一流」と言えます。それでも既に空車待ちみたいですが…。

0 Comments



Post a comment