ルジェンテ文京春日【買物至便な駅徒歩6分】12階55㎡7,180万円(坪単価432万円】

ルジェンテ文京春日。

春日駅徒歩6分、後楽園駅徒歩9分の14階建総戸数39戸(地権者住戸2戸含む)のマンションです。

駅出口が目の前、かつ、再開発エリア至近のクレヴィア本郷春日ステーションフロントのようなインパクトはありませんがこちらもなかなか利便性の高いポジションになります。

白山通り沿いの物件から駅までの間にはオリンピック、まいばすけっと、クイーンズ伊勢丹があり、交通利便性以上に買物利便性の高さを感じますね。

なお、ルジェンテシリーズはルジェンテ武蔵野のように立地によっては70㎡台などのファミリータイプが中心になることもありますが、ここは都心立地らしく30㎡台と50㎡台のみの手堅い構成になっています。

敷地形状的に1フロア3戸中2戸を南向きと出来ていますし、南面条件が比較的良好なポジション(白山通りの内側は低層建物中心)でもありますが、ブランド・スケール的なものを考えるとやはりこのようなプランニングが向いているでしょうね。

公式ホームページ
IMG_5178[1]
お部屋は55㎡の1LDK+S、南西角住戸です。西側は白山通りなので静かな環境とは言えませんが、この上層階住戸からは南も西も視界抜けが得られ、特に白山通り側となる西側はかなり先まで「抜け」のあるポジションになります。

間取りとしては、55㎡の実質2LDKということで非常にオーソドックスな大きさなのですが、プラン的にはわりと特徴を感じますね。
南面がかなりワイドスパンになっているのが最大のポイントで、浴室やサービスルームの南面にしっかりとした開口部を施すことが出来ています。

一方、南面がワイドスパンであるがゆえに廊下がやや長めになってしまっており、LD内の実質的な廊下部分はかなり大きくなっているのは気になる点の1つです。入口付近のデッドスペースを含めてもLDKは12.3畳しかなく、55㎡の2LDKならばLDのみで10畳程度(LDKだと13畳程度)確保出来ているのが一般的であることを考えると専有面積ほどの使い勝手はないのかな、と。

ただ、収納は充実している方だと思いますし、引き戸を大きく開け放つことでLDと一体利用が可能な洋室1、1418を確保した浴室などもその点をカバーしてくれる材料ということになってくると思います。

坪単価は432万円。低層階は400万円前後という水準で、ブランド力やスケールに欠ける物件らしく単価レンジの狭い価格設定になっていると感じます。

このご時世ですのでけして高いとは感じませんが、クレヴィア本郷春日ステーションフロントが駅徒歩1分という特長のある立地であるにもかかわらずパークコート文京小石川ザ・タワーに押された(?)のか少々弱気に感じるお値段設定で、結果的にここはそれと大きな差のない水準になっているのでそういう意味で若干の割高感があるのは否定できないですね。

0 Comments



Post a comment