バウス世田谷上町【バウスシリーズらしい拘りのデザイン】2階68㎡6,498万円(坪単価318万円)

続けて、バウス世田谷上町。

設計はIAO竹田設計、施工は風越建設です。

日本土地建物のバウスシリーズは、バウスシリーズ第一号だったバウス柏や昨年末に分譲開始されたバウス横須賀中央などからも分かるようにお手頃な価格帯の物件であってもデザインに比較的力を入れる傾向にあります。

そんな中、こちらは都内の高価格帯物件ということもあるのか実績豊かなIAO竹田設計を起用し、より一層の拘りのデザインが実現していると感じますね。

L字のFIXサッシを多く採用したふれあい公園側からの外観デザインも素敵ですが、さらに特長的なのはエントランス側(北東側)です。

白の左官調タイルを基調とした外壁自体も特徴的なのですが、それに加え、エントランス上部に大々的に透かし積みレンガを使ったデザインウォールを施したことでかなり印象的なデザインになっています。

植栽とアルミ庇で彩られた奥行のあるエントランスアプローチも良い雰囲気ですし、階段を数段降りる位置に施したことで三次元的な広がりを生み出したエントランスラウンジの造りも上手に感じる物件です。

なお、ランドスケープデザイナーにはイニシアシリーズなどの実績が豊富ないろ葉デザインを起用しており、1,500㎡近い大きさを有した敷地の豊かさと言ったものも感じることが出来ますね。

前回のバウス世田谷上町

公式ホームページ
IMG_5248[1]
お部屋は68㎡の2LDK+S、西角住戸です。南西方向にはふれあい公園との間に当物件の南西向きの棟(手前に共用階段)がありますが、北西方向は大きな庭のある戸建(邸宅)になりますので、借景・日照共に悪くないポジションと言えます。

間取りは、事実上の3LDKとしてはやや小ぶりなものになるのですが、先ほどのプラン同様に柔軟性の高いプランになっているので違和感なく2LDK(1LDK+S)として使うことが出来ますし、やはり大きなFIXサッシも魅力的ですね。

スパンが今一つなためかキッチンが窓方向を向いていないのは少々残念な印象ではありますが、このような面積帯の3LDKながら洗面所がノンリビングインなのも良い点と言えるでしょうね。

なお、居室形状への影響はほとんどありませんが、柱による面積消費は少々気になります。

坪単価は318万円。先ほどのパークフロントの南角よりも高い水準で、そのプランと比べてしまうとやはり少々の割高感があるのは否定できません。

ただ、前回の記事で書いたようにこちらが高いというよりも4LDKの低層階がこなれているという表現が適切なのだと思います。

ブランドの一般の認知度は高いものではなくとも日本土地建物自体は歴史(実績)とスケール(会社規模)を有した企業になりますし、純粋に当物件の優れたデザインなども加味するとこのお部屋のこの単価に大きな違和感はないはずです。

まぁ、駅徒歩5分とは言え世田谷線ですし、交通利便性がとかくもてはやされるこのご時世においてはもう少し目に優しい水準であってもおかしくなかったとも思いますけれどもね。

設備仕様面は、総戸数38戸ながらしっかりとディスポーザーがついていますし、食洗機、トイレ手洗いカウンター、天然石のキッチン天板と、充実した好仕様と言えます。

管理費は236円/㎡。外廊下ですが、小規模ながらディスポーザーがついてのこの単価ならばリーズナブルと言えるでしょうね。
ちなみに、管理会社は東京建物アメニティサポートになります。

駐車場は全10台で身障者用1台のみが平置、残りの9台が機械式になります。

0 Comments



Post a comment