エクセレントシティ北千住【「この地」ゆえの屋上デッキ×内廊下】4階36㎡2,798万円(坪単価258万円)

続けて、エクセレントシティ北千住。

設計・施工はむろんデベロッパーである新日本建設になります。

敷地面積約450㎡、30~60㎡台の総戸数36戸という小さな物件にはなりますが、線路沿い大通り沿いの開放感のあるポジションを活かした(?)「屋上デッキ」とこのエリアでは多くない「内廊下設計」で差別化を追求した物件になります。

屋上デッキからはかなり広域での視界抜けが得られるので、隅田川の花火大会の特等席と言えますし、また、内廊下設計としたことで線路などの影響が緩和されることが期待出来ます。

管理費も279円/㎡と、小規模内廊下物件にしては控えめな水準であるのも悪くないですね。
※内廊下に冷暖房はなく空調のみということかとは思いますが…。

前回のエクセレントシティ北千住

公式ホームページ
IMG_5264[1]
お部屋は36㎡の1LDK、北東角住戸です。むろん二重サッシが採用されてはいますが、東側目の前をブンブンと電車が通る物件内でも難しいポジションですね。
ただ、北側は戸建などの低層住宅が広がったエリアになるのでこの階でも視界抜けが得られるのは良い点になるでしょうか。

「抜け」がある分、北東方向からの線路の騒音が余計に…というのもあるかもしれませんが。

間取りとしては、30㎡台前半の1LDKを見かけることが少なくないこのご時世なのでとりわけ小さな印象はないのですが、2本の柱がガッツリ食い込んでいますし、玄関もわざわざクランクさせた感じになっているので専有面積から受ける印象ほどの使い勝手はないでしょう。
収納はやはり最低限と言う感じですしね。

なお、洋室は先ほどのプランの洋室2と同じでやはりノンリビングインとリビングインの2WAY設計になるのですが、こちらのプランは先ほどのプランとは異なり他にリビングインの洋室があるわけではないので、このような引き戸を開くと空間的な広がりが得やすい設計になっているのは良いと思います。

一方、このような面積帯で洗面所がノンリビングインとなっているのは良い点と言えるでしょうか。このような面積帯のプランでノンリビングインとなっているケースはけして多くはありません。

坪単価は258万円。面積をかなり絞ったグロス価格の嵩まないプランなので、デベロッパー的にはもう少し単価を上げたいところなのでしょうが、「ここまで特殊なポジション」であることを考えるとこのような水準として「価格で勝負」するしかないでしょうね。

上述のように効率性に難のあるプランですし、パンダ感があるとまでは言い難いのですが、曲がりなりにもこの面積での2,798万円ならば気になってしまう方はいらっしゃるでしょうね。

この界隈であっても20㎡台のワンルーム(1K)が、2,000万円台中盤になってしまうような時代ですからね…。

設備仕様面は、水回りの天然石天板仕様はありませんが、価格帯からすると違和感はなく、食洗機、ミストサウナ、トイレ手洗いカウンターがついた好仕様です。
スケール・面積帯からするとディスポーザーがないのは当然、かつ、仕方のないことで上述のように小規模内廊下物件ながら管理費を279円/㎡と出来ているのは悪くありません。

駐車場は身障者用を含む全4台でいずれも平置になります。

0 Comments



Post a comment