ザ・パークハウス中目黒プレイス【メゾネット+α(吹抜)】1階109㎡14,480万円(坪単価439万円)

続けて、ザ・パークハウス中目黒プレイス。

設計は長谷川建築企画、施工は東亜建設工業です。
ザ・パークハウス尾山台は同様に長谷川建築企画が起用された上でデザイン監修を著名な南條設計室が担当していましたが、こちらはデザイナーが明記されておりません。

エントランス周りなどのデザインは同時リリースされているザ・パークハウス中目黒小川坂と共通点があるので(割肌仕上げの壁など)、同じ方によるものなのだとは思いますが、別途デザイナーを起用しているわけではないのでしょうか。

小川坂もいずれ取り上げる予定なので、今回はプレイスのみを言及して行こうと思いますが、総戸数21戸という数字からするとエントランス周りにスケール感がありますし、デザイン的にも凝っていると感じます。

こちらプレイスのコンセプトは「松林」(小川坂は「竹林」)なのですが、大きな松があるとかではなく、白を基調とした広がりを見せるファサードデザインで松のフォルムを表現しているとのことです。

そのコンセプトを咀嚼するのは私のような凡人には難しいのですが(松林が浮かんできません…。汗)、弧を描くエントランスアプローチと豊かな植栽はこのスケールの物件として上々のものと言えるでしょう。

また、エントランス内部には松の樹形をイメージしたという木のアートウォールを施すなどの工夫も見られます。

一方、内廊下のデザインは、このような価格帯の物件ということを考えると少々淡泊、かつ、ありきたりな印象のあるものです。

前回のザ・パークハウス中目黒プレイス

公式ホームページ
IMG_5355[1]
IMG_5356[1]
お部屋は109㎡の3LDK、南東向きメゾネットプランになります。
前回の記事で言及したように当物件の1階から地下1階にかけてはメゾネットプランが数多く設けられており、地階のみの住戸(プラン)というのは存在していません。

南東方向は接道しているので前建までの距離がそれなりに確保出来ており、1階・地下1階でも南方向からの日照が得られるまずまずのポジションになります。

間取りとしては、やはりメゾネットであることが最大のポイントなのですが、それ以外の特徴も少なくありません。

戸境をコンクリ壁でしっかりと区切ってしまっているため、特にLDに南側からの日照・採光が入りづらくなっているのは少々勿体ない気はしますが、外観デザイン的にはしっかりと区切ったこの形が良いのは間違いありませんし、キッチンの前にバルコニーを設けているあたりも興味深いですね。

なお、「内廊下物件においてメゾネットプランの3LDK」を考えた場合、通常は「LDK+洋室」、「洋室×2」という組み合わせの2フロア構成になることが多いのですが、当プランは専有部中央に吹抜を設けたことで下階に洋室3室を集めることが出来ています。

内廊下物件の場合、共用廊下側に居室(窓)を設計出来ないので、2フロア共に一面(このプランで言う南東面)に余すことなく居室を配置しなければならないのですが、当プランは吹抜を設けたことで、「下階に洋室3室」を集めた設計が可能になっています。

そうしたことでキッチンを採光のとりやすいポジションに設計することが出来ていますし、吹抜があることで地下フロアにおいても風通しが期待できるというメリットもありますね。

地階の廊下窓がFIXタイプなのは残念ですが、どうしても地階は湿気がたまりやすいものですし、洋室1側の窓を開けておくだけでもそれなりの効果が期待出来ます。

坪単価は439万円。階段に加え廊下による面積消費が大きなプランで、LDKで約20畳などといった居室畳数からすると一般的な1フロアの90㎡ちょっとのプランと同等の使い勝手と言えるでしょうか。
そう鑑みて仮に92㎡で坪単価を計算するとおよそ520万円になります。

ローレルアイ目黒大橋ザ・テラスのように階段による面積消費が不可避なメゾネットプランでもやたらと強気な単価が付されるケースもあるわけで、当物件のメゾネットプランはけして安いとは言えないものの階段などによる非効率性がそれなりに反映されていると感じます。

なお、全戸にトランクルームが付いた物件で、「専有面積外」になっているのも魅力になるでしょう。

設備仕様面は、ディスポーザー、食洗機、トイレ手洗いカウンター、水回りの天然石天板仕様はもちろんのこと、LDビルトインエアコンや天然石を用いたバスルームなど単価なりの高級感のあるものになっています。

管理費は324円/㎡。小規模ながら内廊下、かつ、ディスポーザー付ですし、意外にもリーズナブルな水準です。
流石にこのスケールではコンシェルジュサービスなどはありませんが、物件価格に比して意外なほど大人しい水準ですね(常々言っていますが、管理費は物件価格(購入者の支払能力)に少なからず比例するものです)。

駐車場は全6台で身障者用を含む2台のみが平置、残りの4台が機械式になります。
平均専有面積95㎡超の物件であることを考えるとかなり少ないですね…。確実に足りなくなるはずでここいらへんは検討する上でのネックの1つになるでしょうね。

0 Comments



Post a comment