ベルジュール三鷹ステーションハウス【設備仕様が…】33㎡3,998万円(坪単価401万円)

続けて、ベルジュール三鷹ステーションハウス。

設計はクレオ、施工は志多組です。
ベルジュールシリーズにおいては非常に良く見かける組み合わせになります。

デザインとしては、基本的に白と黒のツートンカラーでモダンな装いになります。
とりわけスケールのある物件ではなく強調出来る部分は少ないものの、前回の記事で取り上げた「南西頂点部」において中層階を境に異なるフロア形状を採用したことで外観に動きが出ており、見る角度によっては特徴あるデザインになっていると思います。

また、敷地の東と西の二方で接道しており、特に西側は植栽が充実、かつ、第一種低層住居地域の低層住宅街に面したポジションになるので、敷地周囲にゆとりを感じることが出来ます。

前回のベルジュール三鷹ステーションハウス

公式ホームページ
IMG_6224[1]
お部屋は33㎡の1LDK、西向き中住戸です。西側はそのように第一種低層住居専用地域になるのでこの中層階住戸からでも視界抜けは十分です。

間取りとしては、このぐらいの面積の1LDKではよくあるプランニングではあるものの、LDが行灯部屋になっているのはやはり残念ですね。

バルコニーに面した洋室自体の開口部も小さ目ですし、窓際は梁の圧迫感(※)も小さくありません。
※二次元的に柱の食い込みは抑えられたプランではあるものの、柱自体はバルコニーにアウトフレーム化されているわけではないので、柱と柱を結ぶライン上の窓際天井部は梁の影響が大きい。

LDKは9畳ながらもオープンキッチンを採用しており、それが1つの特徴になっているとは思うのですが、オープンキッチンとしたことでLD入口付近に実質的な廊下部分が大きくなってしまっているのも事実なので、より効率性を意識しキッチンを壁向きに配置してしまうのも一案だったように思います。

なお、33㎡のわりには居室畳数を大き目にしたためか収納は少なめです。

坪単価は401万円。低層階は380万円程度、上層階は420万円程度であり、前回の記事で書いたようにちょうど物件平均ぐらいの水準になるでしょう。

全戸30㎡台だった2015年のベルジュール武蔵野中町は平均坪単価約330万円だったので2割程度上昇した水準ですね。

このご時世として違和感を感じることはないものの、駅徒歩3分とは言え、三鷹駅で30㎡台前半の分譲マンションニーズは旺盛ではないのでもう少しこなれた単価水準であって欲しかったですね。このような高単価にしたがゆえの33㎡(35㎡未満)なのだとは思いますが…。

設備仕様面は、少戸数のためディスポーザーがないのは当然なのですが、この立派な価格帯ならば水回りの天然石天板仕様があって欲しかったです。さらにトイレ手洗いカウンターどころか食洗機や床暖房もないようでこの単価帯の分譲マンションとは思えないチープなものになっています。
30㎡台などであれば仕方のないところと言えますが、この価格帯の60㎡台でのこの仕様はいかがなものか…。

管理費は178円/㎡。外廊下、かつ、ディスポーザーなしですが、総戸数42戸という小ぶりなスケールを考えれば悪くない水準でしょう。

駐車場は身障者用の1台のみになります。

0 Comments



Post a comment