ヴェレーナグラン横濱上大岡【横浜市と連携×総戸数以上の存在感】2階70㎡4,298万円(坪単価203万円)

続けて、ヴェレーナグラン横濱上大岡。

設計はDAN総合設計、施工はNB建設です。

デザイン監修はヴェレーナシリーズでお馴染みのインターデザイン小寺氏で、ここもグランシリーズらしいユーロ色を抑えた(※)高級感の窺える仕上がりになっていますね。
※一般の「ヴェレーナ」シリーズほどコテコテのユーロデザインではないのがグランシリーズの1つの特徴。

外観は、ガラス手摺とコンクリ手摺、さらに複数色の外壁タイルを使った繊細、かつ、高級感のあるものなのですが、やはり最大の特長としては、ヴェレーナグラン山手でも採用されていた一部住戸のダイナミックなサッシでしょうね。

前回の記事で取り上げたプランなどでは足元から天井間際までの幅・高さ共に申し分のない窓が設けられており、それは外観デザイン上も大きな役割を果たしています。

エントランス周りも質感豊かな落ち着いたトーンの素材で纏められており、このエリアでは数少ない重厚感と高級感を持ち合わせた物件と言えると思います。

また、三方を道路、南面が公園という開放感の高いランドプランも当物件の大きな特長の1つと言えるでしょう。

当物件は横浜市との連携により誕生したプロジェクトで、マンション1階部分には地域ケアプラザと子育て支援施設が併設されます。マンション自体が3方道路の3棟構成ゆえに各施設を適切に配置出来ていると感じますし、敷地中央部には中庭(グランガーデン)を設けることが出来ているあたりからも総戸数76戸の物件らしからぬスケールを感じることも出来ますね。

前回のヴェレーナグラン横濱上大岡

公式ホームページ
IMG_6226[1]
お部屋はIII棟の70㎡の3LDK東向き中住戸です。道路に面したポジションではあるものの、その先すぐのところに高架があり、この階では視界的な圧迫感は少なくありません。

間取りとしては、共用廊下側に柱の食い込みの見られるオーソドックスな田の字プランですが、LDから洋室3にかけての連窓サッシ、また、2WAYのビッグウォークインクローゼットなどヴェレーナシリーズらしい特色も窺えるものです。

なお、III棟だけは逆梁工法を採用しており、バルコニー手摺りをガラスに出来ていない反面、窓際天井部から梁を排除したスッキリ設計になっています。

坪単価は203万円。平均坪単価で255万円程度になる物件ですのでちょっとしたパンダ価格と言う位置付けになるでしょう。

高架の影響が非常に強いポジションではありますが、一応道路を挟んでのものですし、南東方向から日照も多少は得られることを考えるとこのご時世なりにデベロッパーの頑張りが窺える水準だと思います。

設備仕様面はディスポーザーこそないものの、食洗機、ミストサウナ、トイレ手洗いカウンター、水回りの天然石天板仕様(キッチン側面まで)、さらに天然石貼の廊下床など、ヴェレーナグランシリーズならではの高級感のあるものになっています。

平均坪単価200万円台中盤の物件の中でも貴重なグレード感の高い仕様であり、特に坪単価200万円ちょっとのお部屋にとっては稀に見るほどの高級感がありますね。

管理費は170円/㎡。ディスポーザーなしの外廊下設計ですが、総戸数76戸なりのスケールメリットを感じることの出来る水準です。

駐車場は全41台でうち平置13台、残りの28台が機械式になります。

0 Comments



Post a comment