アデニウム亀戸東京フロンティア【「長谷工不動産」になってもジョイントらしさを忘れないで】6階68㎡4,798万円(坪単価235万円)

続けて、アデニウム亀戸東京フロンティア。

設計はT設計工房、施工は新日本建設で完成売りになります。

前回の記事でも言及しましたが、アデニウムは長谷工グループのジョイント・コーポレーション(4月1日に社名変更で「長谷工不動産」)のブランドになりますので、設計・施工が長谷工となっていることは少なくありません。
しかしながら、当物件は新日本建設の施工ですし、床も二重床、さらに言うと275~300mmの厚めのボイドスラブを確保した高いパフォーマンスを有しています。

アデニウムたまプラーザにおいて、「約300mmのボイドスラブ×サッシ高2.35m」という出色なパフォーマンスを実現していたのと比べるとインパクトには欠けるものの、当物件は9階建でアデニウムたまプラーザのように耐震壁付ラーメン構造を採用することは出来ませんし、このパフォーマンスも評価に値するものです。

また、デザインに関しては、外壁の一部に黒いタイルを採用するなど、外観が単調なものになっていないのも好感が持てる点になります。

設計に関しては、敷地形状などの影響もあるとは思いますが、こういったエリアでは珍しい「全方位に住戸を設けたフロアプラン」を採用しているのも当物件の大きさ特徴の1つになるでしょうか。

共用廊下はフロア中央部にありながら外廊下(+吹抜)になるものの、角住戸率は約80%と高く、かつ、多くの住戸がワイドスパンとなっているという点も当物件の魅力と言えるでしょう。

スカイツリーが望めるのは西に面したお部屋だけになりますが、屋上にはテラスも設置されており隅田川の花火大会の際には重宝しそうですね。

前回のアデニウム亀戸東京フロンティア

公式ホームページ
IMG_5539[1]
お部屋は68㎡の3LDK、北西角住戸です。日照は西日が中心になるものの、北も西も視界抜けが得られ、西方向にはスカイツリーや隅田川の花火大会が望める魅力の少なくないポジションになります。

間取りとしては、70㎡に満たない小ぶりな3LDKですが、LD単体で11畳、ベッドルーム1が7.3畳など専有面積のわりにしっかりとした居室畳数が確保出来た印象のあるプランです。

収納はやや少なめではあるものの、角住戸にしては廊下もほどほどの長さに出来ていますし、玄関周りの設計にも好感の持てるプランになります。

玄関はクランクインなのでプライバシー面で優れていますし、下足スペースが結構しっかりした大きさなので「顔」としての魅力も高いですね。

また、連窓サッシなどが採用されていないのでLDの開口部はやはり今一つではあるのですが、バルコニーの大きさ・奥行は十分であり、空間的な広がりは得やすいでしょう。

坪単価は235万円。南向きではないため日照は西日が中心になってしまいますが、上述のように視界的な魅力の高いお部屋であることが考慮された水準になります。

上述のように全方位に住戸を設けたからこそ実現した「ノン田の字プラン」で、キッチンにも窓を設けるなどの特徴を有したプランにもなりますので、そういったものを求める方にとっては悪くない水準と言えると思います。

設備仕様面は、少戸数のためディスポーザーはありませんし、価格帯からしても水回りの天然石やトイレ手洗いカウンターがない点も違和感はありません。また、食洗機はついています。

管理費は191円/㎡。外廊下、かつ、ディスポーザーなしの総戸数42戸ならばこんなものでしょう。

駐車場は全8台で、うち平置が2台、残りの6台が機械式になります。

2 Comments

検討者  

いつもマンション見学に行く度に、コチラの記事を参考にさせていただいており、勉強させてもらっております。
今回コメントいたしましたのは、設備として床暖房無しと書かれておりましたが、営業さんから床暖房の説明もあり実物も見せていただきましたので、恐れ多くも書き込みいたしました。
お手数でなければご確認の程、
また今後とも、よろしくお願いいたします。

2019/06/09 (Sun) 23:16 | REPLY |   
モモレジ

モモレジ  

Re: タイトルなし

ご指摘有難うございます。該当箇所を削除させていただきました。
大変助かりました。

また、いつもご覧いただき参考にしていただいているとのこと大変嬉しく思います。
今後も少しでもお役に立てる記事を書けるよう頑張ってまいりますので応援いただけますと幸いです。

有難うございました。


2019/06/10 (Mon) 09:08 | REPLY |   


Post a comment