リビオレゾン王子飛鳥山【コラボキッチン>柱のアウトフレーム】32㎡3,498万円(坪単価367万円)

続けて、リビオレゾン王子飛鳥山。

設計は建築設計アーキフォルム、施工は山田建設、そしてデザイン監修は南條設計室になります。

リビオレゾン上野リビオレゾン西日暮里に次いでかの南條氏を起用しており、貴重な立地の物件なりにデザイン面にも力を入れていると思いきや、意外なほどにシンプル…。

かなりの小規模物件ゆえの「難しさ」があるのは否定しませんが、南條氏の実力・実績は言わずもがななので問題はコスト面(採算面)にあるのかもしれません。

飛鳥山公園を一望できる北東面のバルコニーの位置・形状に特徴のある物件で、中層階以上の手摺を透明ガラスにするなどそれなりに洗練された佇まいではあるものの、印象に残るほどの部分は限られているのかなと。

前回のリビオレゾン王子飛鳥山

公式ホームページ
IMG_5925[1]
お部屋は32㎡の1LDK、東角住戸です。中層階なので南東側から日照が得られますし、北東はやはり飛鳥山公園が一望できる申し分のないポジションになります。

間取りは1LDKとして小ぶりな方で、実需としては微妙な大きさではあるものの、このポジションならばこの面積でも許せる方は少なくないのではないでしょうか。

ただ、先ほどの2LDKとは異なりバルコニー側の柱の食い込みが気になりますね。
共用廊下側の柱まで逃がすのは難しいとしてもこの単価帯の物件なのですからバルコニー側はしっかりとアウトフレーム化して欲しかったですね。きれいにアウトフレーム化すれば必然的にバルコニーの奥行も増したでしょうし。

LDKは9.6畳という大きさでオープンキッチンにする必要があったかどうか微妙なところですが、隣の洋室のウォールドアを開けると広々とした空間が実現するのも良いですね。
柱の食い込みの影響で梁のデッパリが天井部にあるわりには方立ても小さい方ですね。

坪単価は367万円。同面積帯のお部屋が中心だったウィルレーナ西ヶ原と大差ない単価水準で、ポジション・条件の差を考えればやはりこちらの方がお得な印象があるでしょう。

設備仕様面は小規模物件なのでディスポーザーはもちろんのこと、食洗機やトイレ手洗いカウンターすらもありません。しかしながら、オレンジページとコラボして開発した2つのタイプから選べるオリジナルキッチンは単身女性を強く意識したもので、コンセプトとしては悪くないと思います。
リビオレゾン板橋本町ステーションサイドでは@cosmeコラボしていましたし、やはりこういった面積帯のお部屋はあの手この手で女性に魅力を感じてもらわないと…ということなのでしょう。
本来、比べるところではないのでしょうが、私なら手の込んだキッチンよりも柱のアウトフレームですね(笑)

管理費は378円/㎡。外廊下、かつ、ディスポーザーなしではあるものの、かなりの小規模物件になりますので悪い水準ではないでしょう。それ相応のスケールのある物件と比べるとやはり負担感は大きいですけれどもね。

駐車場は全2台でいずれも平置になります。

0 Comments



Post a comment