リビオレゾン王子飛鳥山【180度飛鳥山公園×超ワイドスパン】57㎡5,998万円(坪単価351万円)

リビオレゾン王子飛鳥山。

所在地:東京都北区滝野川1-4-3(地番)
交通:王子駅徒歩4分(JR。東京メトロは徒歩6分)、西ヶ原駅徒歩8分、飛鳥山駅(東京さくらトラム)徒歩1分
用途地域:商業地域
階建・総戸数:14階建、36戸

敷地面積約250㎡に過ぎない小規模ながら、飛鳥山公園に隣接したマンションは約12年ぶりという非常に分かりやすい特長を持った物件になります。

西ヶ原2丁目で2015年に分譲されたウィルレーナ西ヶ原の上層階北向き住戸からは飛鳥山公園を望むことが出来るポジションではありましたが、こういった隣接地ともなると2007年のダイナシティ王子以来になると思います。

飛鳥山公園の北東側は何本もの線路が横断しているということもあり、それ以前まで遡っても分譲マンションの供給が非常に限られているエリアになりますね。隣接しているだけでも凄いのですが、その上当物件は飛鳥山公園の南西側「中央付近」に位置しているので、南東方向から北方向にかけて180度に渡り飛鳥山公園が望める絶好のポジションと言えるでしょう。

王子駅前の低地とは異なり飛鳥山の標高約25m地点に位置しているので王子駅からの道程は少し骨が折れるものの、日中は飛鳥山モノレール(アスカルゴ)が山頂付近まで運んでくれますし、都電の駅が目の前でもあるので足が不自由な方などにも全く問題のないバランスの取れたポジションになりますね。

公式ホームページ
IMG_5611[1]
お部屋は57㎡の2LDK、北東を中心とした三方角住戸です。飛鳥山公園側になる北東を独り占めした上層階住戸で上述のような飛鳥山公園のパノラマビューを望むことの出来るお部屋になります。※当プランは12~14階の上層3フロアのみ

春の飛鳥山公園は桜もたくさん咲き誇りますし、このポジションの上層階住戸はめちゃくちゃ贅沢ですね…。

隣接建物が背の低いものなので、南東・北西方向の視界抜けも得られますし、北西は都電の線路でもありますので、将来的に至近距離で塞がれてしまう恐れもありません。

また、間取りは、専有部形状と玄関位置とのバランスが非常に素晴らしいものになります。

北東面を独り占めしたこれ以上ないぐらいのワイドスパンプランで、玄関位置も良好なので、無理・無駄のない理想的な居室配置が実現出来ていると思いますね。

玄関廊下はお手本のようなT字型なのでプライバシー面への配慮が行き届いていますし、リビングからしっかりと独立した位置にあるノンリビングインの洋室1のポジションも魅力的です。

一方、リビングインの洋室2にはきれいに開け放つことの出来るウォールドアが採用されており、この広さの2LDKとして様々なニーズに応えることが出来ているとも感じるプランでもあります。

北東面の出色なスパンを考えると開口部がやや寂しい印象ではあるものの、逆に日照面を考慮したのか南東面にたくさん開口部がありますし、飛鳥山公園を望む北東面の大きなバルコニー(約18㎡)も当プランの大きな魅力の1つと言えるでしょうね。

坪単価は351万円。上述のウィルレーナ西ヶ原は平均坪単価約355万円という水準でしたが、ここと同様に多くが30㎡台前半という構成だったので面積が小さい分単価が高めに出ているというのはあるでしょう。

ただ、ウィルレーナは飛鳥山公園に「面してはいなかった」ですし、当物件は王子駅までのアクセス性の高さに加え、飛鳥山公園を180度に渡り望むことの出来る「特等席」になりますので、この単価はこのご時世として目に優しいものと感じます。

小規模物件ということで共用面などには魅力を感じにくくはありますが、上述のように飛鳥山公園に隣接したポジションにはスケールのある物件が存在していませんし(線路の向こう側ならば王子飛鳥山ザ・ファーストタワーがあります)、この眺望でこの単価ならば魅力を感じる方は少なくないはずです。

0 Comments



Post a comment