ブリシア蒲田Ⅱ【約34㎡のスカイテラスへ行くために…】5階56㎡4,999万円(坪単価293万円)

ブリシア蒲田Ⅱ。

住所:大田区西糀谷2-2500-1(地番)
交通:京急蒲田駅徒歩13分、糀谷駅徒歩13分、梅屋敷駅徒歩14分、蒲田駅徒歩22分
用途地域:準工業地域
階建・総戸数:5階建、総戸数22戸

昨年分譲されたブリシア蒲田(Ⅰ)に隣接こそしていないものの至近となるポジションで、北側に呑川(こちらは隣接はしていない)、南に低層住宅街を望むという点も同じですね。

設計は辺見勉一級建築士事務所、施工は西野建設になります。

Ⅰと設計会社が同じゆえデザイン面での共通点が窺えるのは良いことですし、バルコニー手摺などを初めとして全体的にガラス面の豊かな物件になります。

また、こちらよりもスケールがあり空地率も高かったⅠほど空間的な豊かさを感じることは出来ないものの、当物件も容積率200%の地ならでは(マンション用地としては容積率が低くギチギチに建てる必要がない)のゆとりがあると感じます。

公式ホームページ
IMG_5630[1]
IMG_5631[1]
お部屋は56㎡の3LDK、南向き中住戸です。道路の向かいには3階建の戸建があるものの、この最上階住戸はそれも越えるポジションで、屋上の当住戸専用のスカイテラスからは呑川方向も含め360度良好な視界が望めるという魅力もあります。

専有面積は56㎡に過ぎず、まして3LDKという狭小感の強いプランニングなのですが、そのスカイテラスは約34㎡もの大きさのある特別なものですね。

ブリスはブリシア木場公園ブリシア宮崎台などを初めとしてこういったスカイテラス付のプランで差別化を図ることは少なくありませんので、それ自体に驚きはありません。
ただ、このプランはその動線がちょっと…(汗)。

当物件のスカイテラスへの動線はLD天井にある格納タイプのハシゴなのです。

こういった階段はロフト(屋根裏部屋)への動線で用いられることが多くそういった空間への動線ならばこれで十分なのでしょうが、複数の友人を招いた際などにも有用であろうこのようなスカイテラスへの動線がこの階段というのはちょっと疑問でしょうね。

56㎡の3LDKですので空間を可能な限り有効活用することを心掛けた結果なのでしょうが、そうであれば普通にバルコニー内に階段を設ける形で良かったような…。

なお、室内はかなりむりくり3LDKにしていますので収納は少なめですし、LDの大きさなどからしても実質的には2LDKと言ったところでしょうか。

坪単価は293万円。物件の平均は270万円ほどになるはずで、平均坪単価約250万円だったⅠよりも大分上がりましたね…。
Ⅰはこちらよりも南向き住戸率が低かったと記憶しておりその影響がないとは言えないものの、ここまで差が出てくるとは思っていませんでした。

当プランはかなり特長のあるプランですのでそのわりに単価はそこまで突出していないとも言えるのですが、3LDKとして面積を限界まで絞ったことによるギリギリの単価水準であることは確かでしょうね。

設備仕様面は、基本的に「Ⅰ」と同様です。
ディスポーザーや水回りの天然石天板仕様がないのはスケール・価格帯的に当然のことですが、トイレ手洗いカウンター、食洗機、そして床暖房すらもない淡泊なものになります。この価格帯ならばもう少し頑張って欲しいものですね。

管理費は189円/㎡。ブリシア小岩のような突出して安い水準ではないながらも、小規模物件なりにこなれた水準ではありますね。

駐車場は全4台で、内訳は平置1台、機械式3台になります。

0 Comments



Post a comment