ヴェレーナ戸塚グランシエル【駅距離をプラン・デザインでカバー】3階77㎡4,848万円(坪単価207万円)

ヴェレーナ戸塚グランシエル。

所在地:神奈川県横浜市戸塚区戸塚町字十八ノ区3430-6(地番)
交通:戸塚駅徒歩16分
用途地域:第1種住居地域
階建・総戸数:地上7階地下1階建、総戸数54戸

ザ・テラス戸塚グランターミナル(大和地所レジデンスと菱重プロパティーズのJV)やヴェレーナ戸塚グランガーデンなどと比べるとかなり駅距離のあるポジションになります。
駅からの道程は起伏もありますので徒歩分数以上の労力が伴います。

戸塚駅を最寄りとする物件はこの物件のように駅距離のあるものも少なくありませんが、シティテラス横濱戸塚のような大規模物件は入居者専用のシャトルバスを運行させており、そのようなスケールのない当物件は交通利便性においてどうしても劣ってしまう部分があります。

むろん駅から離れたなりの落ち着きがあるのは良い材料ではあるものの、子育て世代にとっては通学指定校である戸塚小学校まで徒歩12分という距離感もあまり魅力的なものとは言えないでしょう。

一方、そのようなポジションをカバーするのが拘りが窺える間取りとデザインで、近年のヴェレーナシリーズでみられる特色の多くが反映された物件になっています。
詳細はこの後書いていきますが、淡泊でありきたりな間取りを好まない方にとっては魅力的に映る物件でしょうね。

公式ホームページ
IMG_5762[1]
お部屋は77㎡の3LDK、南西角住戸です。南側・西側共に戸建やアパートを中心とした低層の建物が広がるエリアで、この階でも日照だけでなく視界抜けが望めます。
当物件は全戸西向きなので南端にあたるこの角住戸のみが南に面しており、そういった意味での魅力も少なくないでしょう。

間取りとしては、北に面した角住戸ほど幅のあるダイレクトサッシが採用されているわけではないものの、こういったエリア・価格帯のプランではそうそう見ることのできない優雅なコーナーウィンドウは大きな特長と言えるでしょうね。

南西コーナー部分の柱位置を調整(オフセット)して実現したこのコーナーウィンドウは足元付近から梁下までの高さのあるもので、LD西側の奥行2mのデッキ敷のオープンエアスペースも相まって高い開放感を生み出してくれるのは間違いありません。

77㎡はけして大きなものではないので(このご時世にしては大きい方ではありますが…)、玄関廊下が少々優雅過ぎる印象があり(廊下もメーターモジュールなのでしっかりとした幅があります)、LDの入口付近に多分に混入した事実上の廊下部分が気にならないと言ったら嘘になりますが、回遊動線を設けるなど動線面での工夫も見られるプランです。

キッチンから洗面所へ直接入れるようにしたことで家事動線が良好ですし、回遊動線が生まれたことで室内を広く感じさせる効果があります。
また、収納が充実している点も当プランの1つの特徴となるでしょうね。

坪単価は207万円。方角は異なるものの同じ戸塚町の駅徒歩15分に2016年に分譲された戸塚ブロッサムテラス(大和地所レジデンス他によるJV)は平均坪単価約185万円でしたので、平均で200万円ほどになるであろう当物件はその後の値上がりを少なからず感じる水準になります。

このご時世なりに相場の範疇ではあるものの、駅徒歩12分の「超大規模物件」ルネ横浜戸塚あたりとの競合を考えるともう少しインパクトのある水準が望ましかったようには思いますね。
まぁ、これだけ差別化(特色あるプランニングなど)に力を入れた物件ですので、多少強めの価格設定になるのは仕方のないことではあるでしょう。

0 Comments



Post a comment