ザ・パークハウス調布レジデンス【特殊なランドプランと特長あるデザイン】5階67㎡6,288万円(坪単価308万円)

続けて、ザ・パークハウス調布レジデンス。

設計はIAO竹田設計、施工は川口土木建築工業です。

最大のポイントはやはり前回の記事でもちらっと述べた敷地に対して南西方向に傾けた配棟でしょう。

敷地形状は正方形に近いもので敷地に沿って「南向き住戸中心の配棟」とするのがオーソドックスな設計にはなるのですが、おそらく「全戸南向きとすると各戸のスパンが十分ではない」ことが考慮された結果、対角線方向(南西方向)に傾けた配棟としたのだと思います。

このように対角線方向に傾けることで「全戸南西向きとしつつも各戸のスパンを確保する」ことが出来ています。

西側細い道路の向かいには6階建のマンションなどもありますので、南西に傾けたことで前建の影響が生じるお部屋も出てきてはいますが、やはりこの地であれば「全戸南向き(南東や南西も含めた広義の南向き)」とすることの意味は少なくありませんし、ベストを尽くしたと言える配棟なのではないでしょうか。

また、デザイン面でもかなり特長が窺える物件になります。
最も目立つのは西(南西・北西)角住戸のダイレクトサッシで、この部分は品川通りからも良く見えるので物件の顔とも言える存在です。

ただ、それ以外にもやはり品川通りから良く見える共用廊下側の壁面設計をフロアによって異なるものとするなど全体的にデザインへの拘りが強く窺える物件になっています。

奥行のある曲線アプローチのエントランスやエントランスホール内の設えも高額物件での実績が豊富なIAO竹田設計らしい素敵なものですし、エリア内では高価格帯となる物件なりに随所に力を入れているようですね。

前回のザ・パークハウス調布レジデンス

公式ホームページ
IMG_5968[1]
お部屋は67㎡の3LDK、南西向き中住戸です。見ての通り西南西に近い方角で、上記の理由はあれど「少々傾け過ぎの印象」もなくはありません。ただ、この中層階からでも南西方向に申し分のない視界抜けが得られますし、日照時間も長いでしょう。

間取りとしては、物件内では小ぶりなものにはなるのですが、玄関周りの設計に見所があります。

上述のように傾けた配棟としたために、共用廊下が一般的な板状マンションのように一直線にはなっておらず、それゆえこのようなゆとりある玄関設計が可能になったとも言えるでしょう。

共用廊下からワンクッションあるクランクインアプローチの玄関はプライバシー面で優れていますし、廊下も短く出来ているので効率性という点でも優秀です。

専有面積に占める居室畳数割合は72.1%((11.1畳+3.4畳+6.0畳+5.0畳+4.5畳)×1.62㎡【※】÷67.41㎡)と中住戸としては一般的な水準ですが、柱の食い込みも少ないので上々のものと言えるでしょうね。
(【※】マンションの間取り図で一般的に用いられている1畳=1.62㎡)

一方、洋室3のウォールドアの方立てがかなり大きくなってしまっているのは少々残念な点でしょうか。

坪単価は308万円。最上階でも325万円ほどでそれほど大きな差があるわけではありませんが、南西方向が第一種低層住居専用地域であることの恩恵を受けるためにはこの階でも十分ですので、単価差がもっと小さくなっていても驚きはなかったでしょう。

設備仕様面は、総戸数46戸でディスポーザーがついているあたりはやはり三菱地所ならではでしょうね。総戸数100戸超の高額物件でも付けない住友不動産は言わずもがな昨今は野村や三井の物件なんかでも小さめだと付いていないことがあります。
また、食洗機、トイレ手洗い器なども付いた違和感のないものです。

管理費は273円/㎡。外廊下ですがディスポーザー付ですので総戸数46戸というスケールからすれば妥当なところでしょう。

駐車場は全19台で身障者用1台を除く18台が機械式になります。

0 Comments



Post a comment