ブリシア西日暮里【再開発を加味したお値段設定か】3階62㎡5,998万円(坪単価317万円)

ブリシア西日暮里。

所在地:東京都荒川区西日暮里1-342-4(地番)
交通:新三河島駅徒歩4分、西日暮里駅徒歩7分(東京メトロ・日暮里舎人ライナー。JR線は徒歩8分)、三河島駅徒歩9分、日暮里駅徒歩11分
用途地域:商業地域、準工業地域
階建・総戸数:8階建、30戸

最寄駅は魅力的とまでは言えない新三河島駅ですが、西日暮里駅までも徒歩7~8分、また、日暮里駅も徒歩圏となるポジションなので交通面での魅力は少なくないでしょう。

このあたりの物件は常磐線、京成本線、日暮里舎人ライナー沿いの地であることも少なくないのに対して、当物件は線路から距離があり、尚且つ、道灌山通りからも内に入ったポジションということで利便性の高い立地ながら落ち着きも窺えます。

30~60㎡台の構成、そして50㎡台中盤の3LDKも採用するなどブリシアシリーズの中でも狭小感の強いプランニングになっているのは少々残念ではあるものの、逆に言えば立地的な魅力が少なくない高単価物件ゆえのものとも言えるのでしょうね。

公式ホームページ
IMG_6119[1]
お部屋は62㎡の3LDK、南西角住戸です。南側隣接地に14階建のクレアトール西日暮里が立っているので南側は視界を妨げられますが、西側道路の向かいは2~3階建の建物で構成されているのでこの階でも圧迫感はないでしょう。

間取りとしては、中住戸の50㎡台中盤の3LDK(実質2LDK+S含む)に比べれば大分大きくはあるものの、62㎡ですのでやはり狭小感がありますね。

ただ、廊下はLD内の実質的な廊下部分を含めても短めに出来ていますし、この面積帯のわりに充実した収納などを見ても全体的に効率的な設計に出来ていると思います。

柱の食い込みもまずまず抑えられていますし、洋室2の大きく開け放つことの出来る引き戸設計などにも好感の持てるプランですね。引き戸を開け放つと違和感なく二面採光の広々2LDKとして利用することが出来そうです。

坪単価は317万円。50㎡未満のコンパクトプランであればこのぐらいの単価でも分からんではないですが、60㎡超でそれなりにグロスが嵩んできていることを考えると低層階でのこの単価は少々強気な印象がありますね。

尾久橋通り沿い(舎人ライナー沿い)ではあるものの、西日暮里駅から同じ徒歩分数のプレシス西日暮里の50㎡台の3LDKはこれよりもこなれた水準でしたしね。

以前から申し上げている通り西日暮里駅は再開発が控えているのでそのあたりを考えると今後さらに高値を目指す物件が出てくる可能性は小さくないのですが、少なくとも現状はこの物件に限らず坪単価300万円超のファミリータイプの売れ行きが好調な印象はないので…。

0 Comments



Post a comment