グランレ・ジェイド等々力【4階建ゆえの高空地率×3層構造のエントランス】4階59㎡6,790万円(坪単価382万円)

続けて、グランレ・ジェイド等々力。

設計はデベロップデザイン、施工はウラタです。
設計面での当物件の最大のポイントは前回の記事で書いたようにやはり4階建であることです。

建蔽率60%/容積率150%エリアですので通常の3階建(絶対高さ10m)でもなんら問題のないランドプランになるはずですが、容積そのままに高さ12mの1フロア多い4階建が可能になったことで空地率を約50%に抑えることが出来ています。そのため、1階住戸の大きな専用庭に加え、敷地北側・東側の豊かな緑なども非常に魅力的な物件になっています。

また、エントランス及びエントランスラウンジは地下を上手に活用した3層構造(地上1階と地下1階部分に渡り上下2つの開放階段を設計したスキップフロア型の3層構造)になっているためその面積以上に空間的な広がりを感じることが出来ますし、「グランレ・ジェイド」の中でもかなり力の入った物件であるのは間違いないでしょう。
※立地が強く影響してのものではありますが、当物件よりも高額なグランレ・ジェイド渋谷富ヶ谷グランレ・ジェイド自由が丘以上のものと言えるのではないでしょうか。渋谷富ヶ谷の小規模物件なりの「双方向エレベーター×ホワイエ」設計もなかなか凄かったですけどね。

地下には平置の駐車場が17台分用意されており、地上部分を4階建としているだけでなく地階も上手に使った秀逸なランドプランだと思います。

50㎡台もわりとある物件なので駐車場台数も高額物件らしいまずまずの台数と言えますし、便利、かつ、セキュリティ上も安心のこの地下平置駐車場はやはり貴重でしょうね。第一種低層住居専用地域としては大きな2,100㎡の敷地面積あってのものなのは言うまでもありません。

前回のグランレ・ジェイド等々力

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2019-8-3_8-31-6_No-00.png
お部屋は59㎡の2LDK、西向き中住戸です。西側駒沢公園通り沿いは第一種中高層住居専用地域で19m第二種高度地区になりますので、敷地の形状や大きさ次第ではもう少し高い建物が立つ可能性がないとは言えないものの、現状は戸建ばかりの小さな土地であり現実問題難しいのではないでしょうか。
そのため、この最上階住戸はやはり将来的に視界抜けが保たれる可能性が高い貴重なポジションということになるでしょうね。

間取りは最も南寄りに位置した西向き住戸で、南側の共用廊下(南向き住戸の北側にある共用廊下)に面した位置に玄関を設けたことによりいわゆる「センターイン」設計が実現しています。

洋室1・2は共に共用廊下に面した位置になってしまっていますが、このような位置に玄関を設けることが出来たがゆえに、玄関廊下は効率的、また、PP分離という意味でも魅力を感じることの出来るものになりますね。

59㎡の2LDKでのLDK13.3畳はけして大きなものではないものの、ルーバルに面した位置に幅のある開口部を設けることが出来ているので、畳数以上の空間的な広がりが期待出来ますし、窓のある明るいオープンキッチンも非常に魅力的でしょう。

坪単価は382万円。低層階は坪単価340万円ほどからあり、貴重な4階住戸なりのプレミアムを感じる水準です(低層階もけして悪いポジションではありませんからね)。

永住を視野に入れるぐらいのファミリータイプならまだしもこのような将来的な住み替えなども想定せざるを得ない50㎡台の駅距離のあるプランでのこの単価水準は少々悩ましいところですし、平均的な2LDKよりも大きな59㎡ということで2LDKにしてはグロスが嵩んでいる印象があるのも確かです。
ただ、お隣のプラウド等々力ですら総戸数51戸というスケールなので売物はなかなか出てきませんし、「この恵まれたポジションの4階建」ならばこのような単価設定になるのもやむなしと言ったところでしょうか。

「見る人が見れば希少性を感じることの出来る物件」であり、一般的な「分かりやすさ」や「インパクト」はそれほどではないというあたりにある種の歯がゆさのようなものを感じなくもないですが…。

設備仕様面は、少戸数ながらディスポーザーがついているのは大いに評価出来る点ですし、それ以外も食洗機、ミストサウナ、セラミックのキッチン天板、天然石の洗面天板、トイレ手洗いカウンター、LDビルトインエアコン(メゾネット除く80㎡超のプランのみ)など全体的に充実しています。

管理費は246円/㎡。外廊下ですが、総戸数43戸というスケールでディスポーザー付であることを考えればリーズナブルな水準と言えるでしょう。駐車場を全台平置に出来ていることが功を奏した形でしょうか。

0 Comments



Post a comment