ファインスクェア明大前【小規模ながらデザイン・ランドプランに特色】2階42㎡4,680万円(坪単価367万円)

続けて、ファインスクェア明大前。

設計はクレオ、施工は白石建設です。ファインスクェアシリーズではお馴染みの組み合わせですね。

前回の記事で述べたようにスケールの小さな物件ではあるのですが、ランドプラン的な特徴は少なくありません。

空地率は41%ほどととりわけ低くはないものの、道路からしっかりとセットバックされたエントランス周りにはゆとりを感じることが出来ます。

1階住戸に先ほどの記事で取り上げたような大きな専用庭付住戸を設計出来ているのも大きな特長の1つですし、小規模ながらこの地この物件なりの特色のあるものと出来ているという意味でも評価の出来る物件になります。

外観は外観で、レンガ調のアクセントタイルなどを用いることで単調なものとなることを回避していますし、小規模ながらかなり努力と工夫の窺える物件と言えるでしょうね。

ほとんど接道していない物件(接道しているのも私道)ゆえに駐車場が1台もないのはネックになりますが、駅近の30~60㎡台の構成であれば大きなデメリットにはならないでしょう。

前回のファインスクェア明大前

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2019-8-14_9-52-46_No-00.png
お部屋は42㎡の2LDK、東向き中住戸です。東側はやはり戸建などの低層住宅街になりますので、この階でも圧迫感はありません。

間取りとしては、「42㎡の2LDK」ということで先ほどの「60㎡ちょっとの3LDK」以上に狭小感の強いプランということになります。

ただ、3.5畳の洋室2の引き戸や位置からは頑張って少しでもいいプランにしようとする意図が伝わってきますし(この位置の居室で引き戸がL字になっているのは非常に稀です。窓際の方立ては大きく、昨今は物件によってはさらに魅力的な「L字のウォールドア」なんかも見られはしますが、柔軟性と空間的な広がりを高めようとする努力が窺えるものです)、LDはLDで洗面所前の「隅」までしっかりと床暖房が入っているあたりにも好感が持てますね。

LD内には実質的な廊下部分がそれなりに存在していますし、特段効率的なプランニングでこそないものの、柱の食い込みを完全に排除したあたりも評価出来る点でしょう。

坪単価は367万円。視界抜けの得られない低層階でもこの水準ということで、前回の記事で述べたようにコンパクトプランなりの単価設定になっています。

ただ、このような大きさのニーズが少なくないエリアであるのは間違いないところですし、曲がりなりにも2LDKとしても使えることを考えると4,000万円台中盤のグロスは悪いものではないでしょう。

ピアース明大前の1LDK低層階にはこのぐらいの単価のものがあったのでそれと比べると強めに感じますが、ピアース明大前自体も想定していたよりもこなれた単価帯でしたし(特にコンパクトタイプ)こちらもまずまずの水準という印象になります。

設備仕様面は、少戸数のため当然の如くディスポーザーはありません。食洗機とトイレ手洗器は備わっていますが、単価帯からすると少々淡白な印象ではあるでしょうか。

管理費は259円/㎡。外廊下、かつ、ディスポーザーなしですが、かなりの小スケールですのでこの水準ならば御の字でしょう。

0 Comments



Post a comment