専有面積別にみるリセールマーケットの状況①【狭小プランのニーズはいかほど?】

本日は、「専有面積別にみるリセールマーケットの状況」を分析してみようと思います。

ここ3~4年当ブログでは頻繁に「狭小プラン」「コンパクト中心の物件」などと言った言葉が登場しているようにデベロッパーはこぞって新築の面積を絞ることで「ギリギリの単価高」を追求しているわけですが、それを受けて「中古(リセールマーケット)においてどのような状況が起こっているのか」についてはこれまで具体的に分析したことがなかったのでこの機会にやってみようかと。

扱うデータの出所は「レインズマーケットウォッチ」で、まずは首都圏の過去10年分(「年度」になります)から行ってみましょう。

SnapCrab_NoName_2019-8-17_10-6-56_No-00.png
SnapCrab_NoName_2019-8-17_10-7-18_No-00.png

右端の総取引件数はレインズで確認されている総取引件数であり、昨今は「年間の中古取引戸数が新築の供給戸数を上回った」というニュースが飛び交っているように新築とは異なり基本的に右肩上がりで増加の一途をたどっています。

そんな中、各面積帯別(例:「~50㎡」という表記は「41~50㎡」になります)の取引割合を見ていくと、「~80㎡」の増加傾向と「~70㎡」の減少傾向が目立つ結果になっています。

特に「~80㎡」は、そのように全体取引件数が右肩上がりの中で割合が顕著に増加していることから取引件数が非常に大きく増加していることがお分かりいただけると思います。

新築において狭小プランが増加していることからなんとなく想像が出来たことではあるのですが、新築で減ってしまった(或いは新築だと価格が高過ぎて手が届かない)70㎡台の受け皿となっていることがモロに表れた結果ですね。

ここまで分かりやすい結果になっていると思わなかったのでちょっと驚いてしまいます。

ただその一方で、「~100㎡(81~100㎡)」は伸び悩む結果になっており、そちらの受け皿になっていないのはちょっと不思議ではありますね。80㎡超は中古でも贅沢な存在となりつつあるのでしょうか。

次は都区部における同データを見ていきます。

SnapCrab_NoName_2019-8-17_10-7-30_No-00.png
SnapCrab_NoName_2019-8-17_10-7-46_No-00.png

表の右端の数字をご覧いただくとお分かりのように首都圏全体に占める都区部比率は年々高まっており、やはり予想に違わず都心回帰が進んでいると言えると思います。別の言い方をすると「新築だと郊外しか手が届かないけど中古ならば都心寄りに手が届く」と考える方が増えているということです。

さて、こちら都区部の各面積帯別なのですが、基本的な傾向としては首都圏同様です(都区部は首都圏の4割前後のシェアがあるので当たり前ですが…)。

ただ、異なっているのは直近で「~70㎡」が反発している点ですね。「~80㎡」はやはり非常に強い状況なのですが、首都圏全体で見るほど「~70㎡」に弱さは見られず、特にここ1~2年はニーズが旺盛のようです。

新築物件を見ていると60㎡台の狭小3LDKがかなり増えておりそんなせせこましいプランばかり作って大丈夫なのかな???と心配になったりもするものの、少なくとも現状においては特段心配する必要はなさそうです。

次回の記事では面積帯別の成約単価の推移を見ていきたいと思います。

2 Comments

-  

狭小面積帯の需要は価格高騰の影響も当然あると思いますが断捨離やミニマリスト、各種シェアやサブスクリプションなど数年前と比べて所有に対する意識の変化も大きい思いますが如何でしょうか。
物が減る=面積妥協出来るとなれば、やはり便利な都心回帰の流れは止まらないのでしょうね。

2019/08/17 (Sat) 17:10 | REPLY |   
モモレジ

モモレジ  

Re: タイトルなし

ご返信遅くなり申し訳ありません。

仰ることは分かります。ただ、私が思うのは「そういった意識の変化も内包した上での予算上(価格高騰)の影響」ということですね。
全ての方がそうとは言いませんが、「同じお値段ならば面積が大きい方がいい」と思う方が大半のはずで言い方は悪いかもしれませんが「シェアやサブスク、はたまたトランクルーム(最近は配送タイプが普及してきたので「地価の低いエリア」に置いておくことが可能で、使い方次第では住戸内の収納はかなり削減できるでしょう)を利用することでちょっとぐらい狭くとも仕方がない」とどこかで自身を納得させてマンションを購入している方は少なくないと思います。

「面積妥協」と仰っているように少なくとも現状においてはまだ「妥協」の域を出ていない方が大半のはずで、予算都合(資産価値都合)による苦渋の決断という印象が強いのです。さらに言うと都心回帰や駅近信仰がクローズアップされ過ぎてそれにビビッた方が私財を護るためにそういった決断を強いられているという印象もあります。
ネット環境の向上により自宅や遠方でも以前と同様の仕事が出来る人が増えているにもかかわらず(今後はさらにその傾向が強まるはずです)、都心に近いことがもてはやされ過ぎな気がするんですよね。
流れに乗るのは投資の基本ではありますし、長い目で見て都心回帰の流れ自体は強いのだと思いますが、「都心過ぎる」ことに拘る必要はないと思います。経済ショックなどにより相場が崩れた時にはそういった物件が狙い目になるとは思いますが、今のお値段だと…。

2019/08/23 (Fri) 16:57 | REPLY |   


Post a comment