アールブラン鵜の木【内廊下でコンパクトプランもある「アールブラン」】2階32㎡3,290万円(予定)(坪単価約335万円)

続けて、アールブラン鵜の木。

設計はIAO竹田設計、施工は不二建設です。

IAO竹田設計はデザイナーとしても優れた会社であり、設計として起用される多くのケースにおいては「兼デザイナー」でもあるのですが、ことモリモト物件に限ってはディアナコート目黒ディアナコート用賀、そしてアールブラン高津レジデンスしかりで、アーキサイトメビウスなどのデザイナー(デザイン監修)が別途起用されていました。

当物件は別にデザイナーがいるのかいないのか明らかではないのですが、エントランスホールや内廊下はアーキサイトデザインのモリモト物件などでも見かける感じの「モリモトの定番的なもの」になります。

「定番的なもの」と書くと聞こえが悪いものの、他のデベロッパーの物件に比べればやはり高級感のあるデザインであることは確かですし、特に内廊下玄関ドア前のアルコーブ床部分までをタイル貼としている点は魅力ですね。

都心部の億ションにおいてはこういったタイル貼(及び天然石貼)仕様はそこまで珍しいものではないのですが、こういったエリア・価格帯の物件ではモリモトの物件ぐらいでしか見られない珍しいものになります。

なお、千鳥町・下丸子・久が原界隈はモリモトが得意としているエリアであり、アールブラン久が原レジデンスも内廊下設計にはなりますが、内廊下となることが大半のディアナコートとは異なりアールブランで内廊下となることは少ないので、内廊下であること自体が差別化要素の1つになってくるでしょう。

前回のアールブラン鵜の木

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2019-8-20_12-39-12_No-00.png
お部屋は32㎡の1LDK、南東向き中住戸です。敷地に沿ってL字配棟になった「内角」付近に位置した中住戸であり、東方向には自己日影や圧迫感が生じます。ただ、南東側は2階建相当の建物ですのでこの階でも圧迫感はなく日照も得ることが出来るでしょう。

間取りとしては、この面積帯とは思えないワイドスパンなものになります。
全室及びキッチンにも窓を設けることが出来たもので、奥行(玄関からバルコニーまでの距離)の浅いワイドスパンプランゆえに限界まで廊下をコンパクトに出来た玄関周りの設計も素晴らしいものがありますね。

玄関はクランクインとしてプライバシー面への配慮を行いつつも効率的な優れものです。

前回の記事で書いたようにこの地に1LDK、まして32㎡台というのはいくら何でも絞り過ぎという思いもあるのですが、この優秀なプランニングや物件自体のデザイン性の高さからすれば実需としてのニーズも相当数生み出せるのかもしれませんね。

モリモトのコンパクトレジデンスである「ピアース」はピアース旗の台などに代表されるようにコンパクトプラン中心の物件としては異常なほどエントランス周りに力を入れることが少なくなく、当物件はグロス価格がそれなりになる「アールブラン」のわりにはエントランス周りのスケール感には物足りなさがありはするものの、上述のようにデザイン性の高い内廊下設計は大きな魅力の1つになりますし、こういった30㎡台そこそこのお部屋にとっては特に珍しいものになるでしょう。

こういった点は立地条件や敷地形状の影響を大きく受けますのでこれだけではなんとも言えないところですが、マンション価格高騰やプランの狭小化により「アールブラン」と「ピアース」の差が小さくなってきているようにも感じますね。

坪単価は予定価格で約335万円。当然のことながら50~70㎡台などと比べると強めの単価設定になっています。ただ、ワンルームに毛が生えた程度の面積でしかないこのようなプランのこの単価に違和感は微塵もありませんし、面積が小さいからこそワイドスパンや効率性が重要になってくることを考えるとこの優秀なプランニングでのこの単価は致し方ないところなのかなと。

設備仕様面は、食洗機、トイレ手洗いカウンターはついていますが、アールブラン武蔵新田のようなスケールがないためディスポーザーがありません。ただ、やはりアールブラン武蔵新田同様に玄関・廊下床だけでなく洗面室床やトイレ床までもがタイル貼になった仕様はこの単価帯の物件としてはかなりグレード感のあるものです。

駐車場は身障者用1台を含む全8台で機械式になります。

0 Comments



Post a comment