プレシス瑞江パークサイドコート【普通のプランが逆に珍しい…】2階70㎡4,780万円(坪単価224万円)

続けて、プレシス瑞江パークサイドコート。

設計はオンズデコ、施工はノバック、そしてデザイン監修はシーアンドスタイルになります。

昨今のプレシスは、プレシス大井町パークフロントプレシス武蔵野中央(やはりシーアンドスタイルによるもの)などに代表されるように以前に増してデザイン性を意識しているように感じるのですが、当物件も同様の印象を受けます。

全体的にシックなトーンで纏めた上で、南西道路沿いには充実した植栽、また、バルコニー周りには縦横のラインが際立つデザインを採用したことで全体的にメリハリの利いた締まったデザインになっていますね。

エントランス周り及びエントランスホール内もシックに纏めており、プレシスのデザイン性は日に日に高まっていると感じます。

なお、ランドプランに関しては、南西面だけでは容積を全うすることが出来ず、隣接マンションの影響の強い南東側にも住戸(南東向きの棟は2階建)を設けている点には難しさを感じますね。

前建の影響が強いからといって北東向きや北西向きに需要があるようなエリアではないので仕方のないところではありますが…。

前回のプレシス瑞江パークサイドコート

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2019-8-28_13-16-8_No-00.png
お部屋は70㎡の2LDK+S、南西向き中住戸です。道路の向かいには6階建のマンションがありますが、南方向からの日照は何ら問題のないポジションです。

70㎡の実質3LDKで普通のデベロッパーの物件ならば特段コメントすることもないぐらいシンプルなプランではあるものの、これがプレシスのものとくればそうはいきません。

プレシスの3LDKは60㎡台となることが多く(物件によっては50㎡台中盤となることも)、まして中住戸でここまで堂々(笑)と70㎡を確保しているのはかなりのレアケースなのです。

LDKで14.3畳というしっかりとした大きさを確保するだけでなく、引き戸を開き隣接する洋室をつなげると20畳超の空間にすることも出来ると言うこれまでのプレシスではなかなか見られなかったワンランク上のゆとり設計が心地よく感じる物件になりますね。

また、その引き戸が物入の前にきれいに収納できる設計になっているあたりも素晴らしいと思います。

せっかくひとつなぎの豊かな空間に出来るのですからLDから洋室にかけての連窓サッシが採用されていて欲しかったという思いが生じはするものの、収納はゆとりある面積帯なりに充実していますし、これまでのプレシスのイメージが覆されるプランと言えます。

なお、70㎡ありながらも浴室が1418ではなく1317なのはやはり残念です。先ほどのプランも面積のわりに小さかったですし、浴室はあまり重視していないようです。

坪単価は224万円。物件平均は前回の記事で書いたように230~240万円になると思われ、直近2015年のリリーゼ瑞江(駅徒歩9分)の平均坪単価約200万円、そして2014年のエクセレントシティ瑞江Ⅲ(方向は違うがここと同じ駅徒歩6分)の平均坪単価も同水準だったことを考えるとわりと値上がりしていますね。

相場の範疇ではあるのでしょうが、昨今の市況の悪さからするともう少し目に優しい水準であって欲しかったです。

設備仕様面は、少戸数のためディスポーザーはありませんが、食洗機、トイレ手洗いカウンターがついていますので単価帯を考えれば悪いものではありません。
また、床暖房はプレシスシリーズでよく見かける電気式でなくガス温水式になります。

管理費は208円/㎡。外廊下、かつ、ディスポーザーなしではありますが、総戸数43戸というスケール感からするとおよそ200円/㎡という水準はごくごく一般的な水準です。

駐車場は全15台で身障者用を含む3台が平置、残りの12台が機械式になります。

0 Comments



Post a comment