ザ・パークハウス吉祥寺【車寄せと松が印象的なランドプラン】2階59㎡8,400万円(坪単価470万円)

続けて、ザ・パークハウス吉祥寺。

設計・施工は木内建設です。

総戸数28戸という数字からはかなりの小規模なマンションを思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれませんが、前回の記事で書いたように落ち着きのある立地なりに大半のお部屋で80㎡超を確保したゆとりある設計を採用した物件であり、敷地面積は約1,360㎡あります。

空地率は約47%と高くはないものの、西・北・東の三方が接道した第一種中高層住居専用地域としては開放感の高いポジションであり、1階部分の北西部を「ピロティ的な車寄せ空間」としたことでワンランク上の上質な空間も生まれています。

軒裏を木目調とした張り出したキャノピーは非常に高級感のあるものですし、その傍らで従前から佇む大きな松がお出迎えしてくれるというランドプランもとっても素敵ですね。

外観は基壇部を除くとそこまで特別なデザインという印象ではないものの、そもそも「ザ・パークハウスグラン」ではないわけですし(グランにしてもいいぐらいの貴重な立地・価格帯だと思いますけども…)、「吹抜に面した採光窓のある内廊下設計」という点からもかなり力の入った物件であることが窺えます。

「ザ・パークハウス」の最高峰であるのは間違いないでしょうね。

前回のザ・パークハウス吉祥寺

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2019-9-16_9-43-47_No-00.png
お部屋は59㎡の2LDK、東向き中住戸です。東側は中道通り沿いの4階建のマンションの影響がありますが、南東方向は戸建になりますので、南東方向からの日照が得られる悪くないポジションです(細い道路ですが接道もしています)。

間取りとしては、事業協力者住戸を除くと唯一の50㎡台となるプランですが、一般的に言えば2LDKとしてしっかりとした大きさであり、全体としてバランスの取れたプランだと思います。

LDは入口付近のデッドスペースを含め10.4畳なのでやや手狭な印象にはなるものの、主寝室は6.5畳収納も充実と面積帯なりのゆとりを感じることが出来ます。
LDも単体では小ぶりながら、洋室2の引き戸を開け放つことでかなり広々とした空間として使うことも出来るという点にも好感が持てますね。

柱の食い込みは少々気にはなりますが、許容範囲内ではあるでしょう。

坪単価は470万円。中道通り沿いで両面共に前建の影響が大きくなる北東角住戸は坪単価440万円ほどの水準ですが、こちらの方が視界・日照面が良いですし、グロスの嵩まない面積帯ということを考えればこのぐらいの単価になるのは必然でしょう。
物件内で唯一の50㎡台ということを考えればむしろ気持ち弱めぐらいの設定という感覚でしょうか。

設備仕様面は、少戸数ながらディスポーザーがついているのは流石と言ったところでしょう。また、食洗機、トイレ手洗いカウンター、水回りの天然石天板仕様、カウンターや浴槽見切に天然石などを用いた浴室(日ポリ製かな?)など、単価なりのグレード感の高いものです。

管理費は310円/㎡。この規模で内廊下、かつ、ディスポーザーを採用しているわりにリーズナブルですね。事業協力者の意向もありそうです。
こういった小規模物件で特に肝となるのが人件費の多寡であり、管理人さんの勤務時間を短くするなどすることでランニングを抑えることも少なくありませんのでそのあたりを確認し納得した上での購入が吉でしょうね。

駐車場は全13台で身障者用を含む5台が平置、残りの8台が機械式になります。

0 Comments



Post a comment