プラウドシティ日吉【Iにはなかった60㎡台】3階64㎡5,500万円台(予定)(坪単価約284万円)

続けて、プラウドシティ日吉(レジデンスⅡ)。

設計・施工は三井住友建設で、レジデンスⅠの記事で絶賛させていただいている通りSulatto3バンザイ!な物件になります。

普段は厳しいコメントが少なくないのでこんな感じだと野村不動産の回し者みたいに思われるかもしれませんが(笑)、クレヴィアタワー目黒不動前プラウド大宮ルフォン板橋区役所前タワーレジデンスなどSulatto3を採用した物件はいずれも高い評価をしてきましたし、言うならば私は三井住友建設の回し者でしょうか(笑)。

冗談はさておき、三井住友建設はブリリア有明ミッドクロス(不発弾が見つかり建設及び販売延期)で採用された「Sulatto Rotary Tower」、その後も「Sulatto Core-Grid Tower」、「Sulatto Ring Tower」、「Sulatto Tristar Tower」など次々と新技術(新構法)を発表しており、地震大国日本において可能な限り開口部を大きくしよう(室内の梁を減らしスッキリさせよう)という心意気・姿勢には頭が下がります。

もちろん他のスーゼネ設計・施工の物件にもパークシティ中央湊ザ・タワー(大成建設)やベイズタワー&ガーデン(清水建設)など優れた物件はありますので、スーゼネ同士がしのぎを削ることでより魅力的な物件を生み出していって欲しいと心の底から思う次第です。

なお、共用施設はレジデンスⅠの記事で書いたようにシェアキッチン、キッズプレイスペース、スタディスペース、クリエイティブラボなどで総戸数1,320戸というスケールからすると物足りなさがあります(そもそも地域貢献施設という位置づけで物件にお住まいの方以外の第三者も月額利用料を支払うことで利用することが可能です)。

ただ、レジデンスⅡは綱島街道側にすぐのところに商業棟が出来ますし、プラウドシティ日吉の中で交通利便性と買物利便性が最も高いポジションという点での魅力もあるでしょう。

前回までのプラウドシティ日吉

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2019-9-21_7-55-42_No-00.png
お部屋は64㎡の1LDK+S、南向き中住戸です。やはりⅠの南向きよりも西側に傾いているので南西向きと言って良いぐらいの角度になります。

南方向にはレジデンスⅢが聳えますが、40~50mぐらいの離隔が図れているので低層階でも日照への影響はほとんどないはずです。

レジデンスⅢとの間の空間は敷地内の広場兼通路のような空間になっており人通りは結構あるはずですが3階ならばそう気になることはなさそうですね(1階住戸は北側にある本来の玄関以外にその広場側からもテラスを介して入れる珍しい設計です。広場側から結構丸見えな感じですが…)。

また、西側綱島街道の喧騒はレジデンスⅠなどと比べると影響ありそうですが、面しているわけではないので大きなものではないでしょう。

間取りとしては数少ない60㎡台のプランになります。レジデンスⅠは総戸数363戸もありながら「最低でも70㎡」というプラウドらしい豊かなプランニング(販売に自信がないと出来ない芸当)でしたが、レジデンスⅡは「61㎡~」とよりバリエーションに富んだものになっています。

ただ、それでも60㎡台はかなり少なく、そこいらへんのヤワなデベロッパーの物件とは明らかに異なるプランニングと言えるでしょうね。

このプランもよくある50㎡台の2LDK(1LDK+S)などではなく、64㎡もあるわけでこれだけの数を分譲する物件としては普通では考えにくいレベルのものと言えます(仮に私が設計に携わる人間だったとしたら価格の嵩みを考えて2LDKは一般的な「55~60㎡」にします…。笑)。

そんな2LDKということで収納充実、LDは11.6畳とワンランク上のゆとりを感じることが出来るのですが、LDの入口付近のデッドスペースが少々大きくなっている点には注意が必要でしょうか。

ただ、柱は完全にアウトフレーム化されたプランですし、玄関前にしっかりとしたアルコーブスペースが設けられているあたりもお見事ですね。

なお、ちょっと面白いと思ったのは、トイレとサービスルームの間などの壁が乾式壁になっている点ですね。東向きのプランにはこういった箇所はなく南向きだけなのですがなぜですかね???

坪単価は予定価格で約284万円。70㎡前後の3LDKと比べると気持ち高い水準で、物件内ではグロスが嵩まないなりの価格設定になっているようです。
また、レジデンスⅠの南向き低層階は前建(小学校)までの距離が10m未満であったので一概に比較は出来ないのですが、1割程度高めの水準で当初の予定通り駅に最も近いことなども考慮されたお値段設定になるようです。

少なくとも広場の喧騒や人通りの影響を強く受ける1階住戸はもう少しこなれたお値段であってもよかった気がしますが…。

設備仕様面はレジデンスⅠ同様で、ディスポーザー、食洗機、トイレ手洗いカウンター、天然石のキッチン天板など単価なりの違和感のないものになっています。

管理費は268円/㎡。ディスポーザー付の外廊下はむろんⅠと同じですが、Ⅰよりもスケールがやや大きいことが功を奏したのか幾分安くなっています。

駐車場は全196台で機械式になります。設置率は約47%で、当初よりも駐車場を減らした後のIとほぼ同じ設置率になります。

0 Comments



Post a comment