センチュリー船堀【デザイン・スケール良しのエントランスホール】76㎡6,000万円台(予定)(坪単価約261万円)

センチュリー船堀。

所在地:東京都江戸川区船堀7-1466-1他(地番)
交通:船堀駅徒歩11分
用途地域:近隣商業地域、第一種住居地域
階建・総戸数:8階建、52戸

宇喜田通りを越えた船堀7丁目の少々駅距離のあるポジションに誕生する物件になります。

ただ、敷地の大半は第一種住居地域ですし、駅から離れたなりのいい意味での長閑さを感じるエリアです。
近隣には一之江境川親水公園、船堀スポーツ公園、そして新川の千本桜と環境的な魅力の高いエリアになりますね。公園面積が23区No.1の江戸川区らしさを感じるポジションとも言えます。

なお、通学校は船堀第二小学校で徒歩10分弱の距離感になるでしょうか。

設計は谷口建築企画、施工はウラタです。

デザイン面においてはあまり目立つことが少ないセンチュリーシリーズですが世田谷フォレストなどもしかりで以前よりもデザイン面に力を入れている様子が窺えます。

当物件は世田谷フォレストのようなスケールこそないものの、外観に複数色のタイル、手摺の使い分け、そしてエントランス上部のルーバーデザインなど、細やかな設えが施されています。

とりわけセンスの良さや高級感があるわけではありませんが、周辺のマンションの中では映えるレベルだと思いますし、エントランスホール内部は外観以上のさらに見映えのするものになっているのも良い点です。

ヘリンボーン貼の床、石張りの壁に包まれた空間は非常に素敵なデザインで、総戸数52戸という数字以上のスケール感もありますね。

公式ホームページ
SnapCrab_NoName_2019-9-25_10-50-29_No-00.png
お部屋は76㎡の3LDK、南角住戸です。南東・南西共に戸建やアパートなどの低層建物で構成されており、この上層階は日照だけでなく視界抜けも得られる好ポジションになります。
当物件は全戸南東・南西向きの設計で日照・視界条件に優れたお部屋が多いのですが、この南角はとりわけ魅力的なポジションと言えるでしょうね。

いずれの方角も接道していないので土地がまとまるようなこと(当物件と同じぐらいの高さの建物が立つことも…)があると視界に影響が出てしまう可能性がないとは言えませんが…。

間取りとしては、田の字の延長上にあるようなプランながら、キッチンの位置が変わるだけでかなり雰囲気が変わりますね。

玄関廊下は一直線、また、洗面所もリビングインという角住戸らしくないプランニングなのですが、キッチンを南頂点部に配置するという試みは角住戸ならではと言えるでしょうか。

最近はあまり見かけなくなりましたが、一時期のライオンズで頻繁にみられた「ピュアライトスタイルキッチン(L字型でしたが…)」に似た窓のある明るいキッチンが最大の特長になると思います。

キッチン内の柱の食い込みが少々気にはなるものの、LDKの18.2畳は76㎡の3LDKとしてはかなり大きく、キッチン・LD周りを重視したい方に向いているプランと言えるでしょうね。

居室畳数を重視した分、収納は少々心許ない感じではありますが…。

坪単価は予定価格で約261万円。低層階中住戸は坪単価230万円ほどからあり、上述のように日照・視界良好な南角というポジションなりの水準です。

なお、昨年分譲された駅徒歩4分のザ・パークハウス船堀テラスは平均坪単価約255万円という水準でしたので当物件の平均240〜250万円の水準は駅距離を考えるといかにも高く感じます。ただ、ザ・パークハウス船堀テラスはその現実的な価格設定で全戸一括分譲となるぐらい人気のあった物件ですのでそれと比べるのは少々酷かもしれません。

南面条件や環境面の魅力を考慮しても駅距離を考えるともう少しこなれた水準であって欲しかったとは思いますが…。

設備仕様面は、食洗機、ミストサウナ、トイレ手洗いカウンター、フィオレストーンのキッチン天板、浴室フラットラインLED照明など単価以上の充実したものです。
スケール的にディスポーザーがないのは仕方ないでしょう。

管理費は212円/㎡。外廊下、かつ、ディスポーザーなしの総戸数52戸というスケールなので200円/㎡を切るぐらいでもおかしくなかったとは思います。ただ、違和感のある水準ではないでしょう。

駐車場は全18台で身障者用(平置)を除く17台が機械式になります。

0 Comments



Post a comment